2016年7月26日 (火)

夏のパッキング

201607252_2

①昼食 プラスチック製ケースに調理パン2種
  型崩れ防止とパッキング整形になる。
②凍結水道水 細身ボトルが入りやすい
  2本目はケースとタオルにくるみ午後用。
③携帯座布団
④虫刺され用薬、ティッシュ、小物類
  透明プラケースで探しやすく防水性。
⑤日焼け止め、虫よけスプレー、手袋、雨具
  ジップロックに入れコンビニ袋は使わない。

お問い合わせが多いザックと装備例です
5時間程度のハイキングを想定しています。
ご質問・ご意見お待ちしております。

2016年7月25日 (月)

2016年7月25日 雄国沼湿原

201607251

湿原にはもちろんニッコウキスゲは見当たらない
青紫色のコバギボウシが目立つ。

2016年7月24日 (日)

出た出たツキが

201607241

24日4:23 犬の吼え方が違っていた。集落内2箇所から聞こえる。
西側の長瀬川から川桁山に戻ろうとしていたらしい。

日中、猟師さんから話を聞いた。
飼い犬でもツキノワグマの匂いを覚えると人に知らせるという。
電気柵の効果もあり農作物の被害もない。
クマよ山へ帰れ。

2016年7月23日 (土)

キャンプファイヤーの歌

201406275

「遠き山に日は落ちて」
 遠き山に日は落ちて 星は空をちりばめぬ
 今日のわざをなしおえて 心かろくやすらえば
 風はすずしこのゆうべ いざや楽しまどいせん
 *わざ(業)仕事のこと まどいせん(円居)丸く集まろう

「燃えろよ 燃えろ」
1もえろよ もえろよ ほのおよもえろ
 火の粉をまきあげ 天までこがせ
2てらせよ てらせよ まひるのごとく
 ほのおよ うずまき やみ夜をてらせ
3もえろよ てらせよ 明るくあつく
 光と熱とのもとなる ほのお

「ふるさと」
 うさぎ追いしかの山
 小ぶなつりしかの川
 夢は今もめぐりて
 忘れがたきふるさと

「今日の日はさようなら」
1いつまでもたえることなく 友だちでいよう
 明日の日を夢見て 希望の道を
2空をとぶ鳥のように 自由に生きる
 今日の日はさようなら また会う日まで

「キャンプファイヤーの歌.pdf」をダウンロード

2016年7月22日 (金)

ここでお昼にしよう

201607221

磐梯山噴火から128年、緑が目立つようになった。
この崖の位置、震災前はもっと後ろだったはずだ。

«ツキノワグマの好物