« ツキノワグマ出没の原因 | トップページ | 喜多方ラーメン食べ放題! 1,000円 »

2005年6月12日 (日)

赤埴(あかはに)山麓 今の花

050611-1

タニウツギ 

昔から人々と深いかかわりがあったこの花には、100を越える地方名があるそうです。

050611-2

桐の花 (桐の特性)

« ツキノワグマ出没の原因 | トップページ | 喜多方ラーメン食べ放題! 1,000円 »

コメント

こんにちは、タニウツギ綺麗ですね。でも切花にすると水揚げが悪く、すぐ萎れてしまうのが残念。やっぱり山で咲いているのを見るのが一番でしょうか。桐は、個人的には蕾の時が好きです。ビロードで作られたような可愛らしいボール状の蕾がたくさん枝に付いて、大きなリースにして飾ったら素敵だろうなぁといつも思います。桐の花の香りは不思議な香り。なんていったらいいのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53315/4526247

この記事へのトラックバック一覧です: 赤埴(あかはに)山麓 今の花:

« ツキノワグマ出没の原因 | トップページ | 喜多方ラーメン食べ放題! 1,000円 »