« 磐梯町 お祭り | トップページ | 猪苗代の米 収穫はじまる »

2005年9月20日 (火)

スズメバチ対策

今年(2005年)は雨が少ないことが巣作りの好条件になった可能性があります。

9月から10月までが最も注意が必要です。この時期に巣は最も大きくなります。

たとえばオオスズメバチの巣がクマに襲われると、巣をなくしたオオスズメバチがキイロスズメバチの巣を襲うなど、スズメバチに警戒心が強まり、攻撃性も高まります。

野外活動にはリスクが伴います。常に対処を心がけて活動しましょう。

《スズメバチへの対処》
■黒や青い服は避ける  黒は襲ってくるものとみられる。
■巣を見つけたら逃げる  巣から離れるほど攻撃力は落ちる。
■急な動きはしない  手ではらったり、急に向きを変えたりしない。巣を見たら静かに後ずさりして離れる。
■香水や化粧品はつけない  においに敏感。汗にも反応。
■刺されたらすぐ水洗い
抗ヒスタミンの薬を塗る
■すぐ病院に行く

■一度刺されたら細心の注意を 必ず抗体検査をして医師の指示に従う。これが最悪の事態を避けることになる。

アシナガバチに刺された経験がある人もアナフィラキシーが(別種でも発症)確認されています。

« 磐梯町 お祭り | トップページ | 猪苗代の米 収穫はじまる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53315/6033642

この記事へのトラックバック一覧です: スズメバチ対策:

« 磐梯町 お祭り | トップページ | 猪苗代の米 収穫はじまる »