« 厳冬の朝 | トップページ | 晴天の磐梯山麓 スキーインストラクター »

2006年2月14日 (火)

安達太良山 冬山遭難

060212-3

不明の4人救助/安達太良山遭難/極寒の山1日半/雪洞掘り疲労と闘う

 安達太良山(標高1、700メートル)へ11日に山スキーに入り、行方が分からなくなっていた郡山市八山田、会社役員(56)ら4人は12日午後4時5分ごろ、山頂南側の郡山市熱海町石筵の沢にいるのを県警ヘリコプター「ばんだい」に発見され、無事保護された。ニ本松署などによると4人は猛吹雪で道に迷い、コンパスもなく自分たちの位置が分からなくなり、予定より南西方向にそれて行動したらしい。およそ1日半を極寒の山中で過ごしたため体力が落ちており、全員が郡山市内の病院に入院し、手当てを受けている。 [2006年02月14日 福島民報]

山スキーをされる皆さんへ
「コンパスは持ちましょう。コンパスが命です。」

« 厳冬の朝 | トップページ | 晴天の磐梯山麓 スキーインストラクター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53315/8641462

この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山 冬山遭難:

« 厳冬の朝 | トップページ | 晴天の磐梯山麓 スキーインストラクター »