« 桜だけにあらず紅葉の名所 亀ヶ城跡 | トップページ | 猪苗代湖北岸の秋 »

2006年11月 6日 (月)

会津身不知(みしらず)柿を1,500箱売るお店

0611042250  会津身不知(みしらず)は、古くからこの会津地方で栽培されています。その名の由来は「実がたわわに付き過ぎて、自分で枝を折ってしまうから」「あまりの美味しさに我が身も考えず食べ過ぎてしまうから」などと言われます。子供の頃食べ過ぎて大変なめに遭い、私もそれを実証しました。

 皇室への献上柿でもある会津身不知柿をこの時期1,500箱を売ってしまうお店が、べろながやの渡部常四郎商店です。この柿の自然な甘みに魅了されますが、東日本への地方発送は送料たったの100円というのもいただけますね。

  手間がかかる上、デリケートな商品としても知られるみしらず柿。脱渋まで2週間程かかるため、箱に開封の目安日が押印されています。どうぞ、その日まで楽しみにして下さい。12月まで好評販売中。

Watanabetsunesiro1_1
  ■ 渡部常四郎商店
  〒969-3111 福島県耶麻郡猪苗代町字窪田4216-5
   TEL 0242-62-2406   FAX 0242-62-4450

« 桜だけにあらず紅葉の名所 亀ヶ城跡 | トップページ | 猪苗代湖北岸の秋 »