« 初冬 青空 | トップページ | 何をしているところでしょうか? »

2006年11月20日 (月)

猪苗代町のESS

0611191
 猪苗代・磐梯高原エリアに楽しく英語を話す会の意のESS(English Speaking Society)がある。地方でも諸外国からの駐在・移住者が増えてきている折、地元住民との親交を深めるためのサークルが必要になってきている。

 「もしも自分が海外に駐在していたら・・・日本語を話したくなりますよね。地域にとけこむきっかけになればと思い、英語を話しにきませんか?と声をかけました。」そう話すのは、不動産情報を提供しているネスコム猪苗代の渡辺真一郎社長。

 今年春より主に英語圏(The English-speaking world)からの移住者同士の集いを行っている。3回目の19日は、米国、英国、豪州などの出身者15名ほどが集まりなごやかに会話を楽しんだ。渡辺さんは、せっかくこの地域に住んでもらうのに母国語を思い切り話してもらえる会になればとその様子をながめながらにこやかに語った。次回はささやかなクリスマス会を予定している。

« 初冬 青空 | トップページ | 何をしているところでしょうか? »