« 猪苗代湖 青松浜の朝 | トップページ | 2007フリースタイルFISワールドカップ猪苗代大会 »

2007年2月15日 (木)

この週末 17日・18日雪崩が起きる

0702151_1
八甲田山系前岳で起きた雪崩事故は大変だろうと察する。
雪に埋もれた経験のある者の小言として聞いていただきたい。
春の雪山だったところにいきなりの積雪。必ず表層雪崩が起きる。

雪崩に遭うとどうなるか?
答え: とにかく寒くて暗くて怖い。 
     どっちが上か下かわからない。
     手足が全く動かない。
     呼吸ができない。
    パニックになる。
    冷たくなり気が遠くなる    

では、ビーコンはあった方が良いか?
答え:持ってて安心したいなら高価な御守りぐらいにはなる。まず、雪に埋もれたら終わりと考えるべき。

雪崩はどこで起きるか?
答え:かなりの急斜面。平らなところ緩斜面では絶対に起きない。
   滑りたいところが雪崩が起きやすいところ。

雪崩はいつ起きるか?
答え:いつでも起きる。

どうすればよいか?
答え:雪山には、自分は雪崩に遭うという前提で入ること。そんなー、と思うなら絶対行かないこと。

« 猪苗代湖 青松浜の朝 | トップページ | 2007フリースタイルFISワールドカップ猪苗代大会 »