« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

さあ、行くよ!並んで並んで

0802292

0802291
君たちがいるだけで、レジャーランド。
猪苗代湖畔の森自然散策路

0802293
あっ、並んでる。○○○○たちも・・・

2008年2月28日 (木)

オケラ頑張れ!

0802281
除雪幅1.0m級の小型除雪車
主に歩道除雪に出動する。その様子は雪の中をオケラが進んでいるように見える。小さいながらも除雪の仕組みは大型のロータリー除雪車と変わらず、前部のオーガで雪をかき込み、ブロワという羽根で雪を遠くへ吹き飛ばす。

歩行者にやさしい道路整備のためか、雪国ではオケラが増えてきている。通学する子どもたちのためにもオケラ頑張れ!

2008年2月27日 (水)

ところにより地吹雪

0802271
白鳥類定時定点調査に朝4:40出動。
猪苗代湖の南側福良周辺は、車も揺れる視界2mの地吹雪。ライト点灯、ハザードランプ点滅で何とかたどりつく。白鳥たちは風雪を避け河口などに群れる。

0802272

2008年2月26日 (火)

変わった色のセブンイレブン

Photo_11

 朝7時「あっ、いらっしゃった!」と店のオーナーが言う。聞けば、毎日朝と夕方立ち寄って下さる常連のお客様とのこと。

 郡山の自宅から国道49号線を通り会津若松の現場まで通う。その日の天気で工事が中止になることがあるという。

「おはようございます。お仕事ですか?」 「さっき電話はいって、今日仕事ないんだど。」

「えっ、じゃあこれから郡山へお帰りですか。でも、わざわざうちの店に寄ってもらったんですか?」街道筋にコンビニは多い。

「この店がいいだ。」そばにいる若い職人さんとともに笑みをうかべる。「ほんと、うれしいです。」

 ホッと一息つける場所が自分の店だとすれば、これほどの喜びはなかろう。店のオーナーの「気いつけて帰ってくださいよー。」の一言にコンビニのレジまわりが和む。

【変わった色のセブンイレブン】として知られるセブンイレブン猪苗代長浜店、まもなくオープンから1年。磐梯朝日国立公園内のため福島県景観条例により景観に配慮した配色。 

      セブンイレブン猪苗代長浜店

2008年2月25日 (月)

冬山携行必需品

0802235
シルバーコンパスと高度計付き時計、ヘッドランプももちろん必用だ。なにせ、道がない上に吹雪くのが当たり前の冬だからだ。

0802236
行きはよいよい帰りは・・・

2008年2月24日 (日)

大雪 風雪 なだれ 着雪 注意報

0802241
今朝のこと、やっと開けた玄関戸。
すぐに戸外へ出られなかった。

2008年2月23日 (土)

西大巓のアイスモンスター(樹氷)

0802231
青空は一瞬

0802233

0802232
西大巓(にしだいてん)1981メートル 三角点
この後、アイスモンスターの洗礼を受ける。
アッという間に猛吹雪。無事帰れるのか・・・

2008年2月22日 (金)

天の庭の雪庇

0802221
せり出しはせいぜい2メートルくらいだろうか。

これが飯豊連峰三国岳の剣ヶ峰周辺は30メートルを越えるという。文字どおり空中にいることになる。

2008年2月21日 (木)

2月21日 猪苗代湖畔の森自然散策路

0802214
こんな私に君ヶ下湿原

0802211
スキーなのにスノーシューのような足取り

0802212
しょうこお姉さんが描いたスプーの攻撃にあったのだろうか・・・

2008年2月20日 (水)

群がる情景

0802201
白鳥のえさをもらう幼稚園児ら。

お昼前なのでおなかもすいている。
そう、白鳥のことなのだが。

0802204   

2008年2月19日 (火)

ヘリコプターの連携 救助、搬送、治療

08021922008年2月19日9:40ごろ  37°35'21.93"N 140° 4'56.48"E 猪苗代登山口天の庭付近にて、登山者が登山中意識不明の重体。同行者が119番に救護要請。

福島県消防防災ヘリコプター出動、現場で救助。同時にドクターヘリも出動し、防災対応離着陸場である猪苗代町総合体育館カメリーナに着陸。エンジン停止の上待機。

数分後、現場から要救護者を搬送してきた消防防災ヘリが着陸。待機していた救急車内でフライトドクターとフライトナースが初期治療を開始。その後搬送。

住民として、猪苗代消防署、猪苗代警察署、そして猪苗代地区山岳遭難対策協議会(猪苗代町商工観光課)の初期動作と連携に敬意を表する。 登山ガイドとしても心強い。感謝。

2008年2月18日 (月)

2月18日 しぶき氷

0802181
粉砂糖でデコレされたしぶき氷

0802182

2008年2月17日 (日)

ガイドどうしのマナー

0802162
各フィールドでガイドの先輩グループと一緒になることがある。
あちらがスノーシュートレッキングなら、いくら圧雪で歩きやすくてもこちらがツボ足では失礼だ。ただし、下見実地踏査の折はごかんべんを・・・

雪の平原も一本のトレースなら許されようが、バタバタバタと無数の足跡は興ざめだろうと思う。ただし、間もなく母国に帰る留学生たちの思いで作りのためには目をつぶって欲しい。

  そう、足跡は消えてくれる。雪よふれー!

2008年2月16日 (土)

2月16日 イエローフォール

0802161
各国からの留学生らが感動していた。

2008年2月15日 (金)

2月17日 猪苗代スキー場じゃんけん大会

0802151
ペンギンが当たる!ではなくリフト1日券が当たる。

0802152

2008年2月14日 (木)

寒さ対策

0802107
今日は寒かった。猪苗代スキー場では-6℃くらいだったろうか。

防寒のいろいろ

  • ファスナーを首の上まで上げる
  • 手袋は軍手などで二重にする
  • ネックウォーマーを使う
  • フードをかぶる(効果バツグン)
  • カイロはお腹にあてる

    これでも-6℃は寒い

2008年2月13日 (水)

君がいない! 

0802131
いつも、ここにいるはずの白鳥たち。「君がいない!」

2008年2月12日 (火)

イエローフォールとブルーフォール

0802121
雪に覆われたイエローフォール

0802122
青白く輝く小野川不動滝。ブルーフォールと名付けよう!

氷爆のはしごをするツアーは少ないかもしれない。

2008年2月11日 (月)

連休最終日も晴天

0802106
2月の連休が晴天続き・・・こんな年はなかった。
いいのだろうか?終日暑いくらいの気温だった。

2008年2月10日 (日)

厳冬の沼ノ平「冬の磐梯山を歩く」コース

0802102

0802104
晴天の下、ひたすらに登る。

0802105
前日の降雪は40cm、ガイドのラッセルで進んで行く。

0802101
あの磐梯山沼ノ平を貸切できる!

0802103
下りのおしり滑りもまた楽しい。

 Dコース    赤埴山ピークハント
 (上級者向け) 「冬の磐梯山を歩く」コース
  約6時間   
 お問合せ D
<BR>enpojin128_2
 いなわしろ伝保人まで (大竹)
 TEL 080-1818-0116
 Eメール
bandai@denpojin.com

2008年2月 9日 (土)

連休初日、午前は晴天

0802091

0802092
午後になると雪がふりはじめた。
それでも、しぶき氷は天神浜駐車場も満杯になる人気。

2008年2月 8日 (金)

夕暮れ 志田浜の白鳥

0802081
飛び立つ姿を目前にすることができれば幸運だ。
ここは、やはり夕暮れが良い。

2008年2月 7日 (木)

2008スノードリーム いなわしろ雪だるま祭り

2月12日~17日開催 (2008 フリースタイル FIS ワールドカップ 猪苗代大会期間中にあわせて)「スノードリーム いなわしろ雪だるま祭り」 が開催される。0702081

2008年2月 6日 (水)

猪苗代スキー場 林間コース

0802061
猪苗代スキー場はやま第6リフトを降りると、25度のスタートバーンだ。900メートルの林間コースは降雪後に新雪も楽しめる。

2008年2月 5日 (火)

猪苗代プロスキースクール 国際スキー技術検定

0802051400
ガスがかかる猪苗代スキー場ブナ平ゲレンデにおいて、SIA国際スキー技術検定が行われた。受験者数56名。氷点下の中、ジャッジする側にも正確さが要求される。

2008年2月 4日 (月)

秋元湖の今

0802023
氷は厚さ30㎝。ゾウが載ったらわからない。

2008年2月 3日 (日)

冬の中津川渓谷

0802024_2
金堀集落よりスノーシューで約2時間。
ニホンザルの歓迎?を受けて

0802028_2
今日の剛情は、橋の上。「そこは、雪庇」と叫ばれて・・・

0802022_2

2008年2月 2日 (土)

ビーコン

0802017
雪崩捜索には威力を発揮する。使用時は登山者は発信状態が基本。

2008年2月 1日 (金)

猪苗代スキー場中央積雪地遭難者救助訓練

0802011
滑走禁止区域、泣く子も黙る大沢コース40度の斜面で雪崩発生の想定。

0802012
すばやく手で捜索

0802013
オーイと声をかけた後、雪面に耳をあてる

0802014
70cm間隔でゾンデ棒での捜索。

0802016
急げ、スコップを使うな!顔から出せ・・・

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »