« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

確認! 五色沼 ハートのマークをつけた鯉

0808291
時の話題故、本意ではないが撮影。

  五色沼 ハートのマークをつけた鯉

既婚者にはあまり関係ないと思うのだが、「旅ではいろいろなことが起こるものよ。」とは、妙齢の御婦人の弁。ほどほどに・・・

2008年8月30日 (土)

9月4日 土湯トンネル防災訓練

0808301_2

国道115号土湯トンネル防災訓練
実施日時 2005年9月4日(木)
住   所 耶麻郡猪苗代町大字若宮字朴木平
通行規制時間 10:00~11:00
迂回路  県道本宮土湯温泉線(国道115号の旧道)
福島県土湯道路管理所 0242-64-3478

この花の名は? はカンタンかな 答え

2008年8月29日 (金)

この花の名は?

0808291
○○の花              答えは30日

2008年8月28日 (木)

8月28日 磐梯山八方台往復

0808281
弘法清水の鐘

0808282
磐梯山 山頂 磐梯明神 手長足長がここに眠る

0808283

0808284

0808285
エゾシオガマ

この他、ウメバチソウ、ヤマハハコ、ウスユキソウ

2008年8月27日 (水)

夏の終わりのシャワーウォーク

0808273

0808272

0808271

0808274

2008年8月26日 (火)

幻の滝

0808262
ゴールドライン途中「幻の滝」
水量がいつもより多い。
迫力がありお客様大満足。

2008年8月25日 (月)

雲に隠れる

0808251
磐梯山 標高1,350mのラインで雲の中。
雲中は、雨。かなり寒いはずだ。
8月は山岳事故が多い月だという。
山での防寒対策は重要だ。

2008年8月24日 (日)

山岳事故を防ぐために

080824
飯豊連峰・三国岳(1,644メートル)東側の剣ケ峰岩稜付近
8月中に2回、ここで事故がおきている。いずれも下山時だ。

確かに飯豊登山の難所である。修行の山伏はここで、銭や米を撒き無事を願ったという。

自分のペースで、ゆっくりと楽しみながら登山をするため再度チェック。
・ザックのパッキング
・岩場の滑り具合(雨天時)
・ルート(迷いがあってはならない)
   そして、手とお尻をつきながら声をかけ合い下山しよう。

2008年8月23日 (土)

アケビコノハ

0808231
貴重なお食事中の画像

0808232
威嚇、警戒のポーズ アケビコノハ

2008年8月22日 (金)

懐かしき路線案内板

0808221
五色沼入り口の停留所。
昭和30年代のものだろうか。
乗用車が少ないころ、バスを乗り継いでたくさんの人が裏磐梯へ来ていたのだろう。
この、待合室内の案内板は、往時をしのばせる。

現在のバス運行は磐梯東都バス

2008年8月21日 (木)

昔ながらの川遊び

0808202
「爺ちゃん釣れっかよー?」
「あんまし、バチャバチャ、やんなぁー」

夏休みもあと少し、25日からは学校だ。

2008年8月20日 (水)

猪苗代湖生まれのコハクチョウ

0808201
国内でのコハクチョウの繁殖は前例がないという。
しばらく見守りたい。

2008年8月19日 (火)

磐梯山周辺トレッキング お盆過ぎの装備

0808112

空はすでに、秋空で天候は変わりやすい。トレッキングには長袖、ジャケットは必須だ。

磐梯山、吾妻山、安達太良山山頂付近は10℃以下になる。あったらウレシイ、携帯カイロ。

避難小屋宿泊は、春秋用シュラフが必要。これからの山行がおもしろい。

2008年8月18日 (月)

霧に霞む秋元湖

0808162

2008年8月17日 (日)

かまどでご飯を炊く

0808161
「はじめチョロチョロ、中パッパッ、赤子泣いても蓋とるな」
10分で沸騰、火力強め、蒸らしが大事! こういったところだろうか。

そこに付け加えるとすれば、米とぎ充分に、強火力ゆえ水多目に。がコツ。

2008年8月16日 (土)

カブ隊もドリームキャッチャー

0808151
枕元に置いて眠るためのドリームキャッチャー作り

カブスカウト(小学校2年生9月 - 小学校5年生)

カブ隊のさだめ
1、カブスカウトは すなおであります。
2、カブスカウトは 自分のことを自分でします。
3、カブスカウトは たがいに助けあいます。
4、カブスカウトは おさないものをいたわります。
5、カブスカウトは すすんでよいことをします。

大人はみんな、これを遵守するのが大変なのだ。
今日も、子供たちから学ぶ。

2008年8月15日 (金)

Half-staff (半旗掲揚)

0808152
8月15日、戦没者を追悼し平和を祈念するため半旗を掲げる。

2008年8月14日 (木)

時折の雨でもシャワーウォーク

0808141
スローバッグ使用のデモンストレーション。
実際に使われたことがないことも、安全性の高さを示すことになる。

0808142_2
これは、いたずらではない。
食後のぬるま湯サービス。湯のありがたみを実感。

0808143
                 Moku2logo1_4

2008年8月13日 (水)

ヌスビトハギ

0808123_2
ヌスビトハギ マメ科の多年草 花が萩に似ることからその名がある。
泥棒の足跡に似た豆果が2つあり、衣類にくっつく!
くっつくと言えば、キンミズヒキの種子も友達か・・・?

2008年8月12日 (火)

裏磐梯 秋の気配

0808124
ツタウルシが、色気付きはじめる

0808121
ススキも目立ちはじめる

0808126

2008年8月11日 (月)

裏磐梯のオオハンゴンソウ

0808111_2
左からハンゴンソウハナガサギクオオハンゴンソウ

0808102_2
「裏磐梯だより」 №31 2008/7月号より

定期購読のお問い合わせ・お申し込みは
  裏磐梯ビジターセンター   
午前9:00~午後5:00(火曜日休館)
夏休みはお休みしません
 電話  0241-32-2850
 FAX   0241-32-2851

2008年8月10日 (日)

エゾミソハギまもなく見ごろ

0808101
五色沼入口の エゾミソハギ

水辺や湿地に生え、欧米でも観賞用にされる。
日本では盆花として知られる。

2008年8月 9日 (土)

滝壺の怖さ

0808074
危険度をガイドメンバーに伝達。
赤いラインの白濁部(ホワイトウォーター)は、動きが止まり抜け出せなくなる。
水の力をあまく見てはならない。日々流れは変わる。

水量が多い日は、水底の方に足を引っぱられる。模擬レスキュー訓練をするが、スローバッグが沈むこともある。

ガイド付で安全に水遊びを!
シャワーウォークなら Moku2logo1_4

2008年8月 8日 (金)

磐梯山 盛夏

0808087

2008年8月 7日 (木)

沢登りで冷えたら・・・

0808073

0808071
石にしがみつくと 暖まる!

0808072

2008年8月 6日 (水)

桧原湖畔 夕暮れ

0808061
                             18:15

2008年8月 5日 (火)

ひっそりと ここも青沼

0808051
温泉成分流入により独自の生態系が見られる。

2008年8月 4日 (月)

裏磐梯ビジターセンター 夏休みのイベント

0808034
スタッフが鳥の羽を調べています。
本物を一緒に見て・触ってみよう!
「?」がいっぱい。
でも、スタッフーには触れないでね。

8/31までの土曜日のイベント
  9:30~  11:30 空とぶタネをつくってみよう!
11:30 ~ 12:00 スライド上映                     
13:30 ~ 14:00 空とぶタネをつくってみよう!
14:30 ~ 15:30 なんだろう?の机                  
15:30 ~ 16:30 クロサン沼を見に行こう      

8/31までの日曜日のイベント
  9:30 ~ 10:30 クロサン沼を見に行こう
10:30 ~ 11:30 五色沼わくわく散歩  (参加費:300円)
11:30 ~ 12:00 スライド上映
13:30 ~ 14:00 空とぶタネをつくってみよう!
14:30 ~ 15:30 なんだろう?の机

各イベント定員あり。開始時間前に受付。

お問い合わせ・お申し込み
裏磐梯ビジターセンター   
午前9:00~午後5:00(火曜日休館)
夏休みはお休みしません
電話  0241-32-2850
FAX   0241-32-2851

0807303
さあ、クロサン沼はどこだ?

2008年8月 3日 (日)

中津川 シャワーウォーク

0808031

0808032

0808033
シャワーウォークなら Moku2logo1_4

2008年8月 2日 (土)

夏はやっぱり川遊び 吾妻川渓流探勝路

0808022

0808021

0808023

2008年8月 1日 (金)

落雷を避けるには

0807289
福島県落雷情報(東京電力)

 もし、山の中で落雷を避けるには・・・

○ 山頂や尾根(稜線)を避けて、窪地に避難しましょう。

○ 傘をささない、手を上げない。

○ 木のそばに避難します。
   ただし! 木に近づき過ぎないで下さい。
   最低2メートルは木の幹から離れましょう。

○ 避難姿勢は 屈む

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »