« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

10月31日 猪苗代湖朝焼け

0810311
日の出はもう少し後刻

08102717 
コハウチワカエデ

08102715
ムキタケ ツキヨダケにも似ているので注意

0810274
左がイワガラミ        右がツルアジサイ

2008年10月30日 (木)

10月30日 磐梯山初冠雪

0810303

0810302
るり沼

0810301
長坂集落対面の紅葉

2008年10月29日 (水)

10月29日 レンゲ沼、小野川湖

0810294

0810293
「落ち葉は、色で判別すると間違えますよ。」

0810292
ヤマモミジ

0810291
小野川湖

2008年10月28日 (火)

10月28日 五色沼紅葉

0810282

0810281

0810283

2008年10月27日 (月)

10月27日 雄国沼

0810271
雄子沢駐車場近く、そろそろ落葉

08102714
霧の中の雄国沼

08102716
標高1,000m付近のブナは落葉

2008年10月26日 (日)

10月26日 五色沼紅葉

0810261

0810262
毘沙門沼

0810263

0810264
るり沼の紅葉が見ごろ

2008年10月25日 (土)

紅葉の不思議

0810216

黄葉のしくみ
  葉緑素(クロロフィル)  黄の色素(カロチノイド) 
クロモジ、ヒトツバカエデ、ヤマグワ、イタヤカエデ、ウリハダカエデ、イチョウ、カツラ、ノリウツギ

紅葉のしくみ
  幹に行けなくなった糖分  赤の色素(アントシアニン
ウルシ、ナナカマド、イロハモミジ、ヤマモミジ

裏磐梯では
 黄色オレンジと変色していく様子が楽しめる。

2008年10月24日 (金)

猪苗代・磐梯高原エリア 紅葉する葉

08102013
ヤマモミジ

0810205
コハウチワカエデ

08102011
カンボク

0810211
イタヤカエデ (黄葉)

0810208
オニイタヤカエデ

0810207
ウリハダカエデ (黄葉)

0810206
ヒトツバカエデ (黄葉)

0810204
ノリウツギ

08102211
ヤマグワ (黄葉)
成長するにつれて葉がまるくなる。
写真の葉は、左側が裂けていないが右側が2裂している。
その後ろの葉は3裂。

放送時間 チャンネルのご案内 最新
NHK BShi 放送日 :2008年10月30日(木) 放送時間 :午後4:00~午後4:45(45分) 「ワンダフル福島 裏磐梯私だけの秋」磐梯山山頂からのご来光。雲海に映し出される磐梯山の影。ぜひ、ご覧下さい。

2008年10月23日 (木)

10月23日 安達太良山 奥岳~ゴンドラ~山頂~くろがね小屋~奥岳

0810232
霧の中の安達太良山山頂
特異日のはずなのだが、沼ノ平も見えず。

0810233
峰の辻
あと30分でくろがね小屋にたどり着ける。頑張ろう。

0810234
いよいよ最後のガレ場にさしかかる。

0810231
やっと見えた、くろがね小屋。
いつまでも暖かく登山者を迎える小屋であってほしい。

2008年10月22日 (水)

10月22日 磐梯山

  10月22日 紅葉情報

磐梯山 ゴールドライン
磐梯山頂上周辺(1,819m) 落葉
八方台周辺(1,194m) 色あせ始め
滑滝周辺(914m)         見ごろ

裏磐梯 レークライン
桧原湖周辺(819m)       見ごろ
小野川湖(794m)          見ごろ
秋元湖(726m)             見ごろ

中津川渓谷周辺(770m) 見ごろ
五色沼(780m)      見ごろ 

国道115号線
土湯峠周辺(1,245m)    見ごろ

0810222

0810223

0810224

0810225

0810226

0810227

0810228

0810229

08102210

08102211
ヤマグワの紅葉 毘沙門沼周辺
成長するにつれて葉がまるくなる。
写真の葉は、左側が裂けていないが右側が2裂している。
その後ろの葉は3裂。

2008年10月21日 (火)

10月21日 五色沼紅葉

0810216
柳沼三景

0810215

0810214

0810213
コケ沼

0810212
毘沙門沼―(橋上で上を見る)―赤沼

0810211
イタヤカエデ

2008年10月20日 (月)

10月20日 五色沼紅葉

0810203

0810201
柳沼

知る人ぞ知る・・・ 撮影ポイント。
なんと国道脇

0810202
えっ!もう雪が。いいえ、まだ雪が。
裏磐梯ビジターセンターの雪室前にて。

2008年10月19日 (日)

10月19日 土津(はにつ)神社

0810192
この背景に下の画像

0810191
大安吉日、幸せな二人を乗せたリムジンが土津(はにつ)神社を旅立つ。

0810193
色づきはじめ

0810194
里山の紅葉はこれから

2008年10月18日 (土)

10月18日 紅葉めぐり

0810184
中瀬沼

0810181
   紅葉(もみじ)

秋の夕日に照る山もみじ
濃いも薄いも数ある中に
松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は
山のふもとの裾模樣(すそもよう)

溪(たに)の流に散り浮くもみじ
波にゆられて はなれて寄って
赤や黄色の色さまざまに
水の上にも織る錦(にしき)

0810182
レンゲ沼

0810183
天鏡台

0810185
天鏡閣

2008年10月17日 (金)

国立磐梯青少年交流の家 学校長期自然体験活動指導者養成研修

0810172
ここから、新たな磐梯のプログラムが生まれる。

0810171 

2008年10月16日 (木)

猪苗代湖から磐梯山を望むポイント

0810139

08101310
この地で生活していると、ランドマーク【landmark】は磐梯山になる。有視界時には方角確認の目安になる。写真の撮影ポイントは解るだろうか?

2008年10月15日 (水)

10月15日 安達太良山 奥岳~ゴンドラ~山頂~くろがね小屋~奥岳

0810152
 智恵子抄

 あどけない話

智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山《あたたらやま》の山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。

0810151

0810153
山頂近くはすでに落葉

0810154

0810155
吹き上げる強風のため、体感温度は3℃

0810156

0810157
くろがね小屋周辺紅葉ピーク

0810158
みごとな鉄山の紅葉。人は東北一の美しさという。

0810159
対岸の黄色の樹種は何だろうか。

2008年10月14日 (火)

10月14日 磐梯山

0810147
中ノ湯周辺

0810146
中ノ湯

0810145

0810144

0810143
弘法清水小屋前の雲海。小屋は今日も大人気だ。

2
お花畑の草紅葉

0810141
爆裂火口方面

2008年10月13日 (月)

雨が降りやすい日 だったはずが・・・

0810131
今朝5:54の日の出 
実は本日、36.7%で雨が降りやすい特異日だった。
特異日は特異でなくなりつつあるのだろうか。

0810137

0810135
楊枝一里塚

0810136
塚の近くに沢水あり。

0810134
中山の一里塚

0810133

0810131_2
旧二本松街道

0810132
シャクトリムシの擬態 全くわからなかった。忍者だ!

0810138
まだ、優雅に飛んでいたアサギマダラ。

2008年10月12日 (日)

10月12日 五色沼紅葉

0810123
今、赤沼が美しい。
45年前に再訪されたお客様。「昔は本当に赤かった。」

0810121
連休中日でにぎわう五色沼自然探勝路
裏磐梯の通行車輌台数は、感覚だが昨年より3割減。

0810122
毘沙門沼西側高台からの眺め。

2008年10月11日 (土)

10月11日 五色沼で見かけるモノ

0810111
マムシグサの美しい姿

0810112
クレヨンしんちゃんが嫌いなピーマンに似ているが、オオウバユリの実。この一粒に200枚以上の種ができる。

0810113
カラマツの紅葉

2008年10月10日 (金)

10月10日 五色沼紅葉

0810101
柳沼

0810102
コケ沼

0810103_2
毘沙門沼

0810104
ハートのマークをつけた鯉

0810105
赤沼

2008年10月 9日 (木)

10月9日 五色沼紅葉

0810091

0810092
ウルシがイエローからオレンジに変色。レッドになるのは15日ごろだろうか。

2008年10月 8日 (水)

まもなく刈り入れ

0810081
猪苗代町は、体育の日の今度の連休10月11日,12日,13日で稲刈りが行われる。
蛋白源になるイナゴ獲りを楽しむのもあと数日残すのみ。

2008年10月 7日 (火)

10月7日 五色沼紅葉

0810071
柳沼

この辺りのカツラは落葉し始め、甘い香りを漂わせている。

0810072
青沼

2008年10月 6日 (月)

トレッキングポール、ステッキ使用の是非

0809287
参考写真 本文とは関係ありません

登山事故の話を聞くたび、やるせない気持ちになる。ちょっとしたけがでも周囲に大変な迷惑もかかる。

それを回避するためにトレッキングポールやステッキを使用するのだと思うが、残念ながら使用者の事故が後を絶たない。実際に骨折を目の当たりにしたこともある。

下山時のトレッキングポールやステッキの使用は最新の注意をはらいたい。岩場などでも、しまわず使う方を見かけるが、しまう勇気を持たないと危険だ。今年は、岩稜でダブルストックを使い転落死亡者も出ている。

先日も、雨に濡れた木道で転倒、ステッキをグニャリと損傷してしまった登山者に出会った。岩場や濡れた木道で使うことなど、怖くて私にはできない。

売っている道具を使うなとは言えない。もし使うなら、使うべきところで頼りすぎずに山行して欲しい。

基本は、手は素手で、体かがめて三点確保 だと思う。

2008年10月 5日 (日)

10月5日 川桁山

0810052
観音寺川登山口は、アプローチが悪路のため無理せず林道を歩こう。

1
山道からは、およそ2時間。急峻な登りが楽しめる。

0810055

0810053 

0810054
川桁山山頂にて昼食のパーティー。実に楽しそうだ。

0810051
猪苗代湖、長瀬川が河口まで蛇行しているのがわかる。

2008年10月 4日 (土)

あだたら渓谷自然遊歩道(奥岳遊歩道)通行止め

03100315

<通行止めのお知らせ>
あだたら渓谷自然遊歩道は、林野庁福島森林管理署の手により改修工事が行われることになりましたので、 平成20年9月24日(水)から12月末日まで通行止めとなります。 安全にご利用いただくための工事ですので、 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

2008年10月 3日 (金)

10月3日 安達太良山 奥岳~くろがね小屋~山頂~ゴンドラ~奥岳

0810036
鉄山の紅葉見頃

0810037

0810035

0810034
くろがね小屋から峰の辻への登山道の様子

0810033
ハウルの・・・

0810032
飯豊山まで見える沼ノ平を通しての眺め

0810031
阿武隈山地にかかるラインと紅葉

2008年10月 2日 (木)

10月2日 西吾妻山の紅葉

0810021
大凹を通して梵天岩を望む

0810023

0810022
いろは沼からは吾妻連峰が一望できる。

朝の気温は摂氏1℃。標高1,900メートルの紅葉は今が見頃。
天元台のリフトはジャケット2枚+手袋でも凍えそうだ。

2008年10月 1日 (水)

10月1日 八方台登山口―磐梯山山頂―猪苗代スキー場

0810011

0810012

0810013

0810014

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »