« 10月5日 川桁山 | トップページ | 10月7日 五色沼紅葉 »

2008年10月 6日 (月)

トレッキングポール、ステッキ使用の是非

0809287
参考写真 本文とは関係ありません

登山事故の話を聞くたび、やるせない気持ちになる。ちょっとしたけがでも周囲に大変な迷惑もかかる。

それを回避するためにトレッキングポールやステッキを使用するのだと思うが、残念ながら使用者の事故が後を絶たない。実際に骨折を目の当たりにしたこともある。

下山時のトレッキングポールやステッキの使用は最新の注意をはらいたい。岩場などでも、しまわず使う方を見かけるが、しまう勇気を持たないと危険だ。今年は、岩稜でダブルストックを使い転落死亡者も出ている。

先日も、雨に濡れた木道で転倒、ステッキをグニャリと損傷してしまった登山者に出会った。岩場や濡れた木道で使うことなど、怖くて私にはできない。

売っている道具を使うなとは言えない。もし使うなら、使うべきところで頼りすぎずに山行して欲しい。

基本は、手は素手で、体かがめて三点確保 だと思う。

« 10月5日 川桁山 | トップページ | 10月7日 五色沼紅葉 »