« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

2009年9月30日 猪苗代湖畔の森自然散策路

200909301
昭和ノスタルジーを感じさせる風景

200909302
2009年秋はドングリ豊作。写真はコナラ。 

Twitter ← こちらもご覧ください

2009年9月29日 (火)

2009年9月29日 五色沼自然探勝路

200909291
緑、橙、黄、赤 ゆっくりと彩色される。平年より早め。
桂の甘い芳香にお客様は感激。今だけのおまけ。

福島県道路公社の紅葉情報
浄土平周辺(1,577m) 見ごろ 磐梯山頂上周辺(1,819m) 見ごろ
天狗の庭周辺(1,357m) 色つき始め 八方台周辺(1,194m) 色つき始め
天風境周辺(1,290m) 色つき始め 滑滝周辺(914m) 色つき始め
土湯峠周辺(1,245m) 色つき始め 檜原湖周辺(819m) やや色つき始め
不動沢橋周辺(1,201m) 色つき始め
高湯温泉周辺(789m) やや色つき始め

2009年9月28日 (月)

玉砂利の猪苗代湖上戸浜(じょうこはま)

20090927_1
透きとおる湖水。その昔、猪苗代町立山潟小学校の児童らはここにロープを張りプールとして体育の授業を行っていた。

200909272_2
水中カメラでのぞいてみると

 

 大きな地図で見る

2009年9月27日 (日)

2009年9月24日 飯豊連峰 24日 大日杉登山口→地蔵岳→切合小屋泊

200909248
24日17:21

200909247
大日岳に沈む
 
200909249
25日 5:39

200909246
切合小屋から草履塚

200909244

200909245
大日岳

200909243
草履塚より御秘所(おひそ)飯豊本山方面

200909242
御坪周辺

   紅葉は昨年より1週間早い

2009年9月26日 (土)

2009年9月26日 五色沼

200909251
柳沼

200909252_2
気の早いカツラは落葉し始め

2009年9月25日 (金)

2009年9月25日 飯豊山からのご来光

200909241
切合(きりあわせ)避難小屋付近から
              続きは随時アップロード乞うご期待!!

2009年9月24日 (木)

福島県の避難小屋

9
                吾妻連峰 谷地平避難小屋

     福島県公設避難小屋ウェブサイト

日帰り登山でも悪天候時などは、ぜひ休憩利用をしよう。入口ドアが重く動きにくいことがあるが、避難小屋に鍵がかかることはない。思い切ってドアを押そう。どうしても開かないなら積雪時用の入口もあるはずだ。

東北の山小屋は、無人の避難小屋が多い。そのために、利用者同士がマナーを守り小屋利用をしたい。

日本気象協会  登山天気NEW! 

2009年9月23日 (水)

山小屋泊まりのパッキング

28
重量があるザックは腰に負担をかけないように高台の上で背負うと良い

縦走登山が敬遠される理由のひとつにザックの重さがある。行程、コース、体力次第でパッキングは変わるはずだ。

・水場があるかどうか  (あるか否かで2kgは違う)
・寒さと雨の予報     (濡れた時の着替えは重要)
・食事を楽しむのか   (アルコール類は基本的に重い)

軽い物を底から詰めるのが原則といわれる。これがなかなか難しい。自信がなければ同行者やガイドに見てもらうことをおススメしたい。

ザックの中で荷物がぐらついたり、不安定なだけで相当な体力を消耗する。登山者によってはグラム単位で装備チェックをするという。

快適さを求めるなら山小屋泊まりは不向きである。
経験と知恵で体力をカバーする。それゆえ登山は楽しいのだ。

2009年9月22日 (火)

深山幽谷 吾妻連峰のオブジェ

14
 Animal

18
 Japanese cypress

19

23

21

2009年9月21日 (月)

2009年9月21日 五色沼にぎわう

20090921
五色沼入口にて 21日11:30ごろ

20090923
五色沼入口―裏磐梯高原駅間を臨時バスがピストン輸送中
所要6分、240円

20090922
紅葉はツタウルシが色付きはじめ

 Twitter

2009年9月20日 (日)

蒲谷地(かばやち)から駕篭山稲荷神社経由(かごやまいなり)谷地平小屋へ

  

吾妻連峰の修験道をたどる。ヘルメット着用をおすすめする修行の道。

2009年9月19日 (土)

磐梯吾妻レークライン最高地点 (標高997m)

200909191_2
磐梯吾妻レークラインの最高地点(標高997m)から三湖パラダイスまで車道脇に遊歩道が設けられました。視界いっぱいに広がる磐梯山と秋元湖、小野川湖と桧原湖の雄大なパノラマを眺めながら、のんびり歩いてみてください。  
大きな地図で見る

2009年9月18日 (金)

2009年9月17日 谷地平(やちだいら)

200909173

200909172

200909171

2009年9月17日 (木)

山岳での突然死を防ごう

08092513 このところ登山中に急病で倒れるケースが目立つ。死に至ることもあり突然死と報道される。

 実は、山岳での死因は心筋梗塞(こうそく)の確率が高い。

いろいろな原因が考えられるが、涼しくなってきた9月の山で想定してみる。

●秋は寒暖の差が大きい。標高2,000mでは9月は氷点下になることがある。
●涼しいためにのどの渇きを覚えず水分補給量が少なくなる。
●涼しいために歩行ペースが上がる。

下山時に滑落、下山後に倒れる等の事例は脱水が原因で血液濃縮による心筋梗塞の可能性が高い。山で死んではならない。

  山で生き抜くために!

○のどが渇く前に水分をとる。糖分と塩分も補給。
○十分な睡眠をとる。
○お酒は控えめに。山小屋での深酒は厳禁。
○寒さ対策と同時に濡らさない工夫をする。
○ゆとりある登山計画を。

心筋梗塞は男性の方が発症しやすく、45歳くらいから気を付けるべきだといわれている。

さあ、楽しく山に登ろう

2009年9月16日 (水)

新米が待ち遠しい

20090916_1
今、猪苗代盆地は黄金色。
          所々に蕎麦の白色も見られる

2009年9月15日 (火)

土田堰(はにたぜき)近くで 

200909153
土田堰 新しい案内板

200909151
近所の子供たちが言っていた。「ゲロげろでゲロげろだ」

200909152
はい、アーンして

2009年9月14日 (月)

大倉川 ルアー・フライ専用区間

River
猪苗代湖・秋元湖漁業協同組合は、福島県猪苗代町(秋元湖上流)の大倉川で、「ルアー・フライ専用区間」を設けている。

大倉川は、イワナ、ヤマメの漁場として知られているが、ルアー・フライ専用区間を設けるのは「新大倉川橋」と「大倉川橋」の間の約2キロの区間。期間は9月30日まで。

日釣り券は700円。お問合せは猪苗代湖・秋元湖漁業協同組合 0242-62-4453  

2009年9月13日 (日)

裏磐梯の風景

200909131
楽しく歌いながらお母さんについて行く。トレッキング一家だ。

200908302
じっとしているように見えるが、磐梯山と毘沙門沼に睨みを利かしている様子。
これは世界に映像を送る遠隔操作カメラ。集音マイクもある。

2009年9月12日 (土)

2009年9月12日 横沢浜夕暮れ

200909125

200909123

200909122

2009年9月11日 (金)

スズメバチ対策

090912 野山でスズメバチを見かけるようになりました。今の時期活動が活発になりますので注意しましょう。

野外活動にはリスクが伴います。常に対処を心がけて活動しましょう。

《スズメバチへの対処》

■黒い服は避ける  黒は襲ってくるものとみられる。ヒトを含む大型哺乳類の弱点が黒色部分であることから 

■しゃがむ (落雷、強風時にも効果あり)

■急な動きはしない  手ではらったり、急に向きを変えたりしない。巣を見たら静かに後ずさりして離れる。巣から離れるほど攻撃力は落ちる。

■香りの強いガム、キャンディーは口にしない

■香水や化粧品はつけない  香水には、しばしばスズメバチ類の警報フェロモンと同じ物質が含まれているからである

■刺されたらすぐ水洗い。ショック症状は数秒後に出るようです。あわてない!

■すぐ病院に行く

2009年9月10日 (木)

2009年9月10日 磐梯山 川上登山口

200909108
磐梯山 川上登山口から1時間標高1,000m付近

200909107
誰が積んだのかなぁ   シラタマノキの群生は見事だ

200909106
磐梯山爆裂火口 粘土遊びもできる・・・

200909105
川上登山口最難関のポイントでふり返るとこの景色

200909104

200909103

200909102

200909101
強風箇所をクリアーした勇者たち 

2009年9月 9日 (水)

2009年9月9日 桧原湖畔探勝路+五色沼自然探勝路 計8km

200909092
みんな無事でよかったね 渡る前のガイドの話が怖い?

200909091
瑠璃沼(るりぬま)

2009年9月 8日 (火)

2009年9月8日 猪苗代湖畔の森自然散策路

200909081
8日いなわしろ伝保人会早朝研修の様子
参加者全員が同定できない植物は宿題になる

200909082
歩きやすい猪苗代湖畔の森自然散策路 やすらぎの小径
清々しい初秋の森を歩くうちに何か宿題があったような・・・

2009年9月 7日 (月)

本日 二十四節気の白露(はくろ)

200909071
いよいよ秋が本格的になるという白露(はくろ)
ところが本日、この好天 気温は27℃

   200909073_2

2009年9月 6日 (日)

2009年9月6日 五色沼自然探勝路の紅葉

200909063
ツタウルシ色付きはじめ

200909062
鈴なりピーマン  オオウバユリの実

2009年9月 5日 (土)

comaya 磐梯町の知る人ぞ知るお菓子屋さん

200909052

200909053jpg
おススメは、おからドーナツ 100円

詳しくはこちら Yahoo!グルメ

コマヤ comaya
住所 福島県耶麻郡磐梯町磐梯町在家17-3
電話 0242-73-2240

2009年9月 4日 (金)

2009年9月3日 一切経山

200909037  
浄土平ビジターセンターより引用[一切経山の噴気]

2008年11月13日より一切経山の大規模噴気の影響で、
直登(稜線)ルートは現在立ち入り禁止となっています。

なお、酸ヶ平の避難小屋を経由するルートを利用すれば、
登頂可能ですので迂回をお願いします。

ただし、風向きによっては酸ヶ平の登山道などに火山性ガスが
滞留することもあり危険です。直ちに下山するなどの対策をお願いします。

■関係機関のお問い合わせ
浄土平ビジターセンター
TEL024-543-0986(8:30-16:00)
FAX024-591-3621

福島県生活環境部災害対策課
電話:024-521-7194
FAX:024-521-7920
saigai@pref.fukushima.jp

200909031

200909034

200909033

2009年9月 3日 (木)

2009年9月2日 舟津浜-舘浜

200909012
2日前の雨で水位が戻った。

200909011_4
トビの幼鳥も見える。
アカゲラ、アオゲラ、コゲラ等キツツキの楽園。

  

   大きな地図で見る

2009年9月 2日 (水)

2009年9月1日 磐梯山爆裂火口原

200909011_3
磐梯山爆裂火口原は動物の棲家
粘土質土壌に残った子グマの足跡は、ヒトの足跡そっくりだ
写真は磐梯山爆裂火口原から見た櫛ヶ峰

2009年9月 1日 (火)

YouTube 猪苗代湖の朝

    
     標高514mにある山岳湖沼猪苗代湖。四季折々に色々な容姿を見 せてくれます。
     湖の朝の情景をご覧ください。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »