« ふーっと、吸込まれそう | トップページ | リフト上の空論 »

2010年1月28日 (木)

ツキノワグマの神秘 2

0905052_2

ひと昔前のお話です。
   里山にはクマ撃ちと呼ばれる人が住んでいました。
          ツキノワグマについて聞いたことを記します。

クマの洞の大きさ   頭が入ればOK。15センチ 
             お尻から入り木の枝で入り口をふさぐ
クマの足の速さ    山を下りる時はまさに転がるよう
栗の食べ方      前足でいがをとり皮を剥く
             親指も並んでいるので大変
クマの足裏      冬眠後は足の裏の皮が薄い
会いたくない時期   6月繁殖期で気が立っている
             チシマザサ(ネマガリダケ)を好む

« ふーっと、吸込まれそう | トップページ | リフト上の空論 »