« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

お菓子のためのスノートレッキング?


五里霧中になりそうな天気から一転。晴れ間が見えるトレッキング日和に。人に優しく自分に甘く。今日も我が身にごほうびを!

2010年2月27日 (土)

夕暮れの秋元湖と磐梯山

201002272

201002271
秋元湖畔からの眺め。遠方にはワカサギ釣りのテントが見える。北東から見る磐梯山の撮影ポイントだ。

2010年2月26日 (金)

雪崩注意報

Sesn01411k

2月26日16時40分発表 福島県会津地方に出ている。昨日の13℃という気温。その後降雨で雪崩が起きやすくなっている。

雪崩が起きる斜度は30°から50°といわれているが、主要な道路の危険箇所には、スノーシェッドやスノーシェルターが設けられている。

ちなみに、主な磐梯山周辺のスノートレッキングツアーはコース上に雪崩危険箇所はないはずだ。少しでも不安があればガイドに問い合わせをしてほしい。

2010年2月25日 (木)

食べ散らかしてはなりませぬ

201002251
もう少し綺麗に食べることはできないのだろうか?
それは、無理かも。ホンドリスが召し上がったカラマツのマツボックリの食痕。エビフライの半製品も散乱。ここは猪苗代リゾートスキー場コースわき。

2010年2月24日 (水)

まぶしい白でーす 磐梯山

20100224
少雨後の放射冷却現象のため目の前の田んぼは「かた雪渡り」ができる。

前日にゆるんだ雪の表面が凍って、翌朝雪の上を歩けるようになることを表す会津の方言。上信越では「凍み渡り(しみわたり)」と言うらしい。

2010年2月23日 (火)

快晴の磐梯山爆裂火口とイエローフォール

 
これほどの天気はない。しかも上空には航空機が飛んでくれて感謝 ・感謝

2010年2月22日 (月)

2010年2月22日 イエローフォール

201002221
雪で薄化粧はしているが、間近で見るとキラキラと輝く。

2010年2月21日 (日)

二つの農園

20100221
   

有限会社光農園

住所 : 福島県会津若松市河東町
      八田字道下 28
TEL: 0242-75-3141

会津の料理人が食材を買い付けに来る生鮮食品店。ここのネギしか使わないヤキトリ屋さんなど遠くからブロが集まる。もちろん旅行者も地図を片手にやって来る。

20100222 

 
 大きな地図で見る

20100225

古川農園 看板はない
969-3463
福島県会津若松市河東町倉橋字鏡山21
電話番号 0242-75-3080
営業時間 11:00-14:00
定休日 水曜日(祝祭の場合は翌日)

20100223

20100224
肉そば800円 我が家はこれしか食べない。日本一のラーメンだと思う。

 
 大きな地図で見る

2010年2月20日 (土)

2010年2月20日 冬の小野川不動滝(ブルーフォール)

201002201_2
昼食時の穏やかさもつかの間。一転風雪の山行。

201002202_2

201002203_2
この天候でも行く価値のあるブルーフォール。雪山トレッキング後の温泉入浴は格別だ。

2010年2月19日 (金)

湖岸の集い

201002191
友達同士なんだと思う。コハクチョウとキンクロハジロは。

201002192
こちらでは雰囲気があやしい・・・

201002193
今、ぶつかっただろう!なんだよその目は。
表に出ろよ。ここは表だ・・・
まず、あちこち賑やかだ。彼らに景気の二番底など関係ない。

2010年2月18日 (木)

2010年2月18日 猪苗代リゾートスキー場から磐梯山

500

Ski_2
スキーは実に難しい、上達のために注意すべき数は1,000項目に上るといわれる。

そのひとつに、利き足がどちらか?ということがある。
写真の前から2番目が磐梯山の力。 苦手な右ターンはとてもお見せできない。

2010年2月17日 (水)

冬の小野川不動滝 ブルーフォール

 

スノーシューでまず始めに小野川湖の雪原をトレッキング。その後は・ ・・あの青白い氷のブルーフォールへ!

2010年2月16日 (火)

リアル ライブカメラがとらえた雪崩の瞬間から救出まで

Avalanche Skier POV Helmet Cam Burial & Rescue in Haines, Alaska from Chappy on Vimeo.

奇跡的に4~5分でガイドに救出される。本文によるとスキーヤーの右手袋が雪崩跡(デブリ)にあったため発見が早かったという。

201002163
ミネロは安全第一なのでご安心を

201002161
ミネロアトラクション ポールバーン
インのポールを内傾させている。これはビギナーによる抜け防止とスノーボーダーのため。さすがミネロパトロール(アッキー)達のプロの配慮だ。 

 

2010年2月15日 (月)

泣く子も黙る、いや笑い出すか ミネロ赤埴大回転コース

201002151

201002152

201002153
最大斜度34°/ 平均19°/ 距離1,500m ここを好んで滑る人びとをハニラーと呼ぶ。
ケガをすると大変。パトロールの救護ボートもガツンガツンとコブにあたる。

滑っているのはモーグルのナショナルチームクラスの選手。モビルスーツを装着しているのか?どう見てもマシンだ!

私は、深雪の方がいいわ。というあなたへ一言。新雪にはまってスキーが脱げて転倒、34°の斜面の大雪でスキーがすぐに見つかるわけがない。やっと見つかったところで今度は履けない。トホホ・・・となるかもです。
 

2010年2月14日 (日)

2010年2月14日 猪苗代湖から磐梯山を望む

201002143_2

201002142
お気に入りスポットでパチリ。晴れていても風は冷たくグローブは必要だ。

猪苗代湖の志田浜には、ヒトもカモも白鳥も日曜日に集まるらしい。

2010年2月13日 (土)

2010年2月13日 イエローフォール

201002135
大きさや色合いは、個々人の期待度に差がある。イエローフォールに向かう過程(リフトの乗り継ぎ、凍結した銅沼を歩く、磐梯山爆裂火口ダイナミックス、標高1,200メートルからの眺望)の感動は全ての人が味わえる。

201002133

201002132

201002131

201002134 

2010年2月12日 (金)

中津川渓谷での遭難6人救助される

08031812

悪天候での雪洞とテントの一晩、寒さと恐怖の夜は長かったはずだ。まずは無事でよかった。

今回のケース、西吾妻山のピークを踏んだかどうかはわからないが南東に滑り降りてしまった可能性がある。ホワイトアウトの状態でGPSをたよりにスキートレースをたどったらしい。中津川は深い渓谷だ、救助のための二次事故の可能性もあったはずだ。

この件に限らず、冬山でどうすればいいか?
自分なりの経験から記す。
○まず11:30には帰路の行程に入る(早めの午後の行動判断)
○少しでも不安なら下らずにきた道をもどる
○他のスキートレースを追わない(間違えている可能性が高いし、降雪やルート変更のための踏み上げで見えなくなる。)
○GPSをあてにしない(次の一歩は示してくれない)

磐梯山の力の西吾妻山周辺ルートファインディング
◆高度計
◆シルバコンパス
◆地形と樹形
◆直感と笑顔 (これ大事)

写真は西吾妻山から好天時の吾妻連峰

2010年2月11日 (木)

クロスカントリースキーの何がムズカシイか

それは、クロカンの靴を履いてスキーのビンディングに合わせること。始めての方には実にムズカシイのだ!
201002102
靴の先端ステンレス棒の部分を白いプラスチック部分へカチッとね!

201002103
子供らはすぐに「先生できなーい」と言う声に変わる。

カチッとするために
 正しい姿勢(スキーは水平に置く、足は垂直に載せる)
 履く足と反対(軸足は)すぐ傍に置く
 肩の力を抜く
 靴底の雪をはらう
 履けないからとアワテナイ

5分たっても、それでも履けない。「コーチが今行くから待ってなさいね。」となる

2010年2月10日 (水)

はじめてのクロスカントリースキー

201002101
初めて雪の上を歩く。
そして、いきなりクロスカントリースキーの楽しみ方を説明する。
始めてから10分もたたないうちに子供らはスイスイと動き回る。大人はかなわない。

2010年2月 9日 (火)

ミネロの森のイワガラミ

Iwagarami
シーズンはじめにスキーインストラクターの先輩たちから、「大竹君あのはっきりした乾いた感じの花は何だ、名前わかるかね?」と聞かれた。

見れば見事なイワガラミのドライフラワー。磐梯地区でここまでの蔓の絡みはめずらしい。名付けてミネロの森のイワガラミ。「美しい花に絡まれてみたい。」とは言ってなかった・・・

2010年2月 8日 (月)

感動サービス宣言

            001 201002082_2
オススメのスキー場はどこですか と聞かれることがある。
「お客様ミネロはご存じですか?まだでしたら一度行ってみて下さい。」

          00000245

実はスキー場の善し悪しはスキーヤーやボーダーの意見で決まるのではない。

ゲレンデに出なくてもゆったりと過ごせるかどうかで非ゲレンデユーザーの意見に左右される。

もう一つ大切なのが、出入り業者さんの声。全ての企業に言えることだが業者さんの評判がいいところは間違いなくお客様の評判が良い。

猪苗代・磐梯高原エリアでサービスNO.1はミネロだろう。 あっ!書いてしまった。

参考記事 ミネロの賑わい祭りなみ!

2010年2月 7日 (日)

赤埴山冬季ルート

Photo
時々磐梯山の力に寄せられる質問をひとつ

猪苗代スキー場方面から赤埴山を通過する場合、夏道を通ってトラバースした方がいいでしょうか?

答えは いいえです。
斜め歩きは思ったより難儀だし、赤埴山へ向かっての稜線歩きの方が楽しい。

ちなみにまだ深雪でラッセル必須。

Snow_treck_p02

2010年2月 6日 (土)

2010年2月6日 風雪いまだ強し 

201002061
朝からの積雪は猪苗代の町内で40センチほど。現在も高速道通行止め。写真は猪苗代スキー場中央はやま第8ちびっこリフト 10:33撮影 本当に寒いデス。でも、こんなとこで生まれ育ってきましたよ。

◆ 寒さ対策実践編
   絶対濡らさない
   フードをかぶる
   襟を立てるファスナーを喉元まで上げる
   手袋
   毛糸の帽子
   ホッカイロ

  吹雪の時の必需品
   ゴーグル
   ネックウォーマー

ドライバーのみなさん早めの給油をおススメします。完全装備で楽しい冬を!
あす以降は雪崩にも注意です。

2010年2月 5日 (金)

Congratulations! 井上 賢之介選手

2010020406 040606_016

前略 井上 賢之介様大竹のおじちゃん(ふぶきの父ちゃん)です。第59回全国高校スキー大会(インターハイ)大回転優勝おめでとうございます。とてもうれしいです。今、おばちゃんと「賢ちゃんスゴイよね。」と話していたところです。

昔の話になりますがインラインスケートをしていたころから黄色いヘルメットをかぶっていたふぶきを本当によく面倒を見てくれていましたね、うれしかったです。初めは一緒に登った磐梯山も、君はもう弘法清水小屋から磐梯山頂6往復ダッシュしてしまいます。すごいことです。

強靭な体力がついてもにこやかな笑顔は昔のままですね。元気で明るいというのが我が家の賢ちゃんのイメージです。懐かしい写真を添えました。これからが大変なのでしょうけど明るく元気に磐梯山から世界へ飛び出して下さい。それでは、また町内で。 草々 

2010年2月 4日 (木)

アニマルトラッキング 昭和の森クロカンコース

2010020401
福島県スキー連盟公認クロスカントリーコース

2010020404
公式大会が行われるこのコース。選手や関係者らに概ね好評だ。

2010020403_22010020405 
地元のキツネもクロスする

 

 大きな地図で見る

2010年2月 3日 (水)

イエローフォールの入り口

201002031
裏磐梯スキー場のリフトを2本乗り継ぎ南を見れば火口原を思わせる景観になる。

イエローフォールが人気の理由。実は、爆裂火口から見上げる磐梯山の風格にある。

201002032
北を見れば桧原湖の氷結の様子。厚さは30センチ程だという。

2010年2月 2日 (火)

嬉しい便り

Letter1

子どもたちの前で話をする時に、その場で質問や感想の生の声を聞けることは少ない。

その点、後日頂戴する便りには生の声が記されている。嬉しさがこみ上げるともに感想を読んでホッとする。素朴な疑問や素直な感動が伝わる。感謝。

2010年2月 1日 (月)

白鳥先生

201002011
だる
201002012
まさ
201002013
んが
201002014
ころ
201002015
んだ・・・                     あああッ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »