« クロスカントリースキーの何がムズカシイか | トップページ | 2010年2月13日 イエローフォール »

2010年2月12日 (金)

中津川渓谷での遭難6人救助される

08031812

悪天候での雪洞とテントの一晩、寒さと恐怖の夜は長かったはずだ。まずは無事でよかった。

今回のケース、西吾妻山のピークを踏んだかどうかはわからないが南東に滑り降りてしまった可能性がある。ホワイトアウトの状態でGPSをたよりにスキートレースをたどったらしい。中津川は深い渓谷だ、救助のための二次事故の可能性もあったはずだ。

この件に限らず、冬山でどうすればいいか?
自分なりの経験から記す。
○まず11:30には帰路の行程に入る(早めの午後の行動判断)
○少しでも不安なら下らずにきた道をもどる
○他のスキートレースを追わない(間違えている可能性が高いし、降雪やルート変更のための踏み上げで見えなくなる。)
○GPSをあてにしない(次の一歩は示してくれない)

磐梯山の力の西吾妻山周辺ルートファインディング
◆高度計
◆シルバコンパス
◆地形と樹形
◆直感と笑顔 (これ大事)

写真は西吾妻山から好天時の吾妻連峰

« クロスカントリースキーの何がムズカシイか | トップページ | 2010年2月13日 イエローフォール »