« 2010年3月6日 普通の滝になったイエローフォール | トップページ | 雪国の車の宿命 »

2010年3月 7日 (日)

美しきものに、近づきすぎてはならない

201003064
なぜ、冬に山に行くのか?

美しいから。
雪や氷に変化があるから。
冬にしか見られない物があるから。
夏に行けないところまで行けるから。
いろんな道具を使ってたどり着く知的な達成感があるから。

ガイドは、ご案内するのが仕事なので楽しさをPRする。

 ただし、美しきものに近づきすぎてはならない。
 少し離れているくらいがちょうどよい。

岩石のそばや樹木の近くは洞が開いている。
湖や沼の縁は、解氷が早い。
安全確認のためのストックでツンツンは効果的だ。

濃霧やホワイトアウトにはコンパス必携。
(昨日はお客様の前で3度使ってお見せした)

« 2010年3月6日 普通の滝になったイエローフォール | トップページ | 雪国の車の宿命 »