« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

輝く会津磐梯山

201011301
良い一日のスタート   2010年11月30日8:00撮影

2010年11月29日 (月)

あなたならどう下りる?

201011292
 斜度25°濡れ落ち葉の上に湿雪トッピング。
 靴底がビブラムソールでも関係なく滑る。横向きカニさん歩きか斜め歩行だろうか。
 なぜこんな日にこんなところを?後方でブツブツ言う声がする。これがトレーニングになるんだ!きっと。

201011291
写真は猪苗代スキー場

☆グランデコスノーリゾート・12月1日(水)オープン決定!第1クワッド・センターコースが滑走可能になります。

2010年11月28日 (日)

近いと思ったのに 志田浜から猪苗代まで


大きな地図で見る クリックして研究をどうぞ

AからBルート
道が良くなったとはいえ21分で8.2km
通行量は少ないのでタケべえ向き

猪苗代・磐梯高原インター経由は
13分で7.7km 国道49号線 と 国道115号線
通行料が多いので快速車輌向き

2010年11月27日 (土)

猪苗代消防署 普通救命講習Ⅰ

201011271

 素敵な講師と参加者に恵まれ本当に充実した3時間だった。救命講習普及にも熱心な猪苗代消防署はわが町の誇りだ。

 大切な命を救うのはあなたです

 救急隊到着までの約6分間にそばにいたあなた(バイスタンダー)が救命手当するかどうかでその人を救うことができる。

  【救命のリレー】 私はこうします。

 意識の確認、なかったら大声で人を呼ぶ

①早い通報 (人に頼む)   
      119番mobilephoneとAEDの手配
②早い心肺蘇生法(勇気を出してCPR)
 ◆胸骨圧迫が最優先heart
   肘をまっすぐに伸ばし体重をかけるようにし約100回/分の速さ
  で圧迫を繰り返す。タイミングはアンパンマンマーチのテンポで。
    そうだ おそれないで
    みんなのために
    愛と勇気だけが ともだちさ

 ◆AEDは電源を入れさえすれば音声メッセージが流れる。heart02
③早い搬送 (救急隊)car
④早い診療 (病院)hospital

 日本では一般市民による心肺蘇生法(CPR)施行率は、欧米諸国に比べまだ低い。自分たちのまわりの生命に目を向けたい。

2010年11月26日 (金)

えっ!この足元が安積疏水(あさかそすい)

201011264
国道49号線の下を通る安積疏水。場所はここ

201011263
上戸頭首工(じょうことうしゅこう)
 猪苗代湖の水を用水路に引き入れるための施設のこと。ここで安積疏水全量の80%を取水している。

201011261

201011262

 参考リンク

 安積疏水土地改良区(あさかそすいとちかいりょうく)

 Banner_sangyo  
 懐かしの「近代化産業遺産」Webサイト
 ふくしまの近代化産業遺産 福島県文化振興課

2010年11月25日 (木)

めっちゃ、セコイや!

201011252
よく聴けば、メタセコイヤの紅葉。場所はここです
生きている化石と呼ばれている。(他に33種もある)

201011251_2
オヤマボクチ(雄山火口)←こりゃぁ読めませんよね。

2010年11月24日 (水)

氷点下で眠る

2010111913
 19日夜、撮影のため山中でのテント泊。20日朝3:40にはテント内温度-2.1℃まで下がった。
 ビバークは地上から順にグランドシート、テント、エアマットそして+3℃までの寝袋を使用。速乾性の下着上下にフリースと上着。そこにダウンウェアを着込んだ。
 しかし、これでも寒いため携帯用カイロを使用。靴下2枚履きの足の裏、腹、背中と計4枚を貼り付ける。

 さあ、これでどうだ。実はこれでも暖かくならない。寝袋の中で丸くなり手袋のままファスナーを閉める。そして、足下から頭までレスキュー用のアルミシートをかぶる。
 何が切ないかといえば自分の吐く息が白く見え、目の前の飲料水が凍り始めることだろうか。
 小用のために外に出ると意識とは裏腹にからだはロボットのようにぎこちなく動く。これが低体温症の始まりだ。哺乳類はこうして「もういいや」と朦朧となり冬の眠りにつくのだろう。イケナイな!早く用を済ませて寝袋に戻らねば。感覚が麻痺しはじめると「何となくポワンとして気持ちが良い」ような感じがするのだ。これに気づかないと永久の眠りにつくことになる。
 次は、-10℃以下対応のシュラフと携帯トイレを持参し厳冬期にトレーニングしよう。

2010年11月23日 (火)

冬のマイカー運転のために

201011231
23日の国道115号土湯峠。

 山岳道路は、霧、凍結、吹きだまり、突風など運転上のリスクは多い。猪苗代町でも冬は運転しないというドライバーがいる。実はわたし自身、この峠周辺で2度事故を起こしている。自分の運転を過信しているわけでは無いが、いずれも疲労が原因だった。

 あってはならないがイザという時のために

トランクの中にはコレ・・・
○登山用ザック一式 (中身はどんどん使いたい)
○長 靴 (氷の上でも本領発揮)
○作業用ゴム手袋 (軍手は濡れて冷たくなります)
○冬用ジャケット
余裕があれば(助けてもらう時も助ける時も必要)
○スコップ
○ブースターケーブル
○牽引ロープ

* 燃料計、半分切ったら満タンに。

2010年11月22日 (月)

これが磐梯山の御来光だ②

201011195
磐梯明神と猪苗代湖

2010111910
雄国沼方面喜多方市上空に浮かび上がる磐梯山の影(影磐梯)

201011198
湖面に移ろう雲海

2010111911
霧氷の間から桧原湖

2010111912
神々しき飯豊連峰 

2010年11月21日 (日)

これが磐梯山の御来光だ①

201011192
ビバークテントの中は飲み水も凍結した。

201011193
日の出前の磐梯山山頂

201011194
溶岩流のように見える。

201011196
2010年11月20日6:23

201011197
手前は川桁山と猪苗代町町内     次号に続く 


2010年11月20日 (土)

2010年猪苗代町立長瀬小学校マーチング発表会

 

 小さなからだにチューバなどの金管楽器は重い。炎天下、倒れそうになるまでの猛練習。昼休みも夏休みもなく、つらく涙しながら乗り越えてきた。素敵な演奏をありがとう。

2010年11月19日 (金)

朝撮り写真

201011191

201011192

201011193

2010年11月18日 (木)

ここの上でもスリップ注意

201011181
カラマツ(別名 落葉松)の落ち葉。
 うっかりよそ見をすると、ズルッとしてしまう。植物油やヤニのためなのか滑りやすいので注意したい。

 この針のような黄金色を集めて持ち帰る方がいる。落葉で展示会場の床を敷きつめると、着物の絵柄が映えるのだそうだ。今度やってみよう!

2010年11月17日 (水)

一里塚の水場で江戸時代を偲ぶ

201011172
二本松街道楊枝峠(ようじとうげ)一里塚そばの川。野口英世もこの川の水でのどを潤したのかもしれない。暖かい陽射しのもと手ですくってゴクリと飲んだ。美味。

201011171
地図上ではここが本当の中山峠。場所はここ

2010年11月16日 (火)

まもなくOPEN !?

201011161
ここはどこ? ここです  いやー待ち遠しいですね。

           *** 磐梯山の力 無責任予想 ***
11/27(土)には周辺3箇所で滑走可能になるでしょうski

えっ!そんなに早くという方へひとこと。某グランデコスノーリゾートは11月3日にOPENしたことがあります。さあ今年はどうでしょうか。

2010年11月15日 (月)

冬・生きぬくために

Snow_2 雪国の生活や冬の山ではどんな寒さでも乗り越えねばならない。経験からいうと厳冬期の怖さは寒さそのものではなく呼吸ができないほどの強烈な風だと思う。体感温度が低下する上、仲間の声が聞こえなかったりする。間近に迫った冬、対策のポイントを記してみた。

低体温症(体温35℃以下)にならないために

①衣類を絶対に濡らさない。(汗もかかないように調整)
②しっかりと時間で食べる。(山で食べ過ぎるということはない)
  ただし、冬のおにぎりは硬くて食べられない。
③素手にならずに作業できる手袋を使う。
④気ごころの知れた仲間と行動する。

それぞれを例をあげて解説しよう。
①厳冬の吾妻連峰遭難・13日後に生還の奇跡の男性は、少しでも濡れた衣類は全て捨てた。
②トムラウシ山遭難で生き残ったのはカロリーを摂った人。食べないと体温は上がらない。
③北極や南極では素手にはならない。予備の手袋を用意して手袋のままの作業トレーニングもしておきたい。
④「待って」のひとことが言えずに疲労し、はぐれる。なんとなく、いやだなーと思った人とは絶対一緒に行ってはならない。植村直己さんは最後までひとりだった。

 最後に、どうしても冬山が不安ならナイスガイでなくナイス・ガイドを指名して欲しい。

2010年11月14日 (日)

磐梯朝日国立公園の山~磐梯山・飯豊連峰・出羽三山~

201011141
 14日行われた裏磐梯ビジターセンターの企画イベントには入りきれない程の聴講者が参集した。明日15日で17年間の弘法清水小屋の管理を終える吉田 紀子さんにファンのひとりであるリズムさんがお礼の言葉を述べ花束を送った。

 磐梯山の魅力はなんでしょうか?との問いに「たくさんの湖に囲まれた素晴らしい景色から元気と勇気をいただける」と吉田さんが答えると会場はジーンとくる雰囲気に包まれた。

 講演者
  ・磐梯山 …… 吉田紀子さん(磐梯山弘法清水小屋)
  ・飯豊連峰……井上邦彦さん(NPO法人飯豊朝日を愛する会)
   飯豊朝日連峰の登山者情報
  ・出羽三山……伊藤賢一さん(羽黒山伏) 
      鶴岡市いでは文化記念館

2010年11月13日 (土)

登山が好き でも下りがね

201011127
「わたしは下山が苦手」という登山者は多い。

登山の悩みワースト3
         ①筋肉痛/②脚がガクガク/③ヒザの痛み

 呼吸は楽でも着地の時に強い衝撃を受けて筋肉が疲労してしまうためだ。からだの柔軟性や筋力が衰えた人ほど大きな衝撃力を受けるという。

  負担の少ない下り方

・ゆっくり小またで下る。(高齢になるほど早くなるので要注意)
・休憩をこまめにとり筋肉を休ませる。
・ショックを吸収するインソール(中敷き)を使う。

 私はSUPERfeetのグリーンを使っている。WILD-1でも取扱い有。

 脚力を強くするしかないのだが、どうすればいいか?
 実は、トレーニングと思い込んでいるウオーキングは負荷が少ないし、階段歩きは時間が短すぎる。答えは、より多く山登りをするしかないようだ。

 ちなみに飯豊連峰の縦走登山のトレーニングに磐梯山の翁島登山口を利用する登山者にお会いすることがある。

 じゃあ、冬はどうするの・・・スノーシューがトレーニングだ!

2010年11月12日 (金)

磐梯山感謝登山

201011121
周辺三町村から約70名程が参加。

201011122
琵琶沢源流の奥には川桁山。

201011123
作業に向かう川上登山口班。

201011124
櫛ヶ峰

201011125
登山道の境界ロープを越冬用に下げる作業。

201011126
はずれる天気予報に日々感謝。   

2010年11月11日 (木)

疲れにくい上り方

201010211130
初心者が山道の上りでバテやすいのはなぜ?
日常での階段の上り、なんと700~800mの上昇/1時間あたり。
登山の標準ペースは・・・300m程度の上昇/1時間あたり。

山道の上りでバテないコツ
           → 平地のウオーキングと正反対のやり方。
・小またでゆっくりと
・二本のレールの上を歩く意識で
・ヒザは曲げたまま足裏をフラットに着地
・後ろ足は蹴らない
・腕は振らない
・姿勢はやや前掲ぎみに        
山本 正嘉氏による

  そうそう上りはまだいいけど問題は下りというあなた。
                        それは次回に!

2010年11月10日 (水)

10日 安達太良山 沼尻登山口 登山道状況

201011101
安達太良山 沼尻登山口 この秋三度目の積雪

201011102
白糸の滝

201011104
標高1,300m付近 

201011105
分岐路から沼尻鉱山跡湯の花採取場に下りる。
足下は積雪7㎝だが、耐雪トレーニングのためスニーカー。

201011106
正規の登山ルートを通過中。

20101110_023
無風時は特に注意したい。

201011107
前方に見えるのは周辺を整備する作業員の方々。当然有毒ガスを検知できる熟練者。速やかに通過させていただきます。

201011103
沼尻源泉管。ここで引き返す。   

2010年11月 9日 (火)

Facebook (フェイスブック)

 森の顔の画像集

201011098
今日は寒いね。

201011091
まだ寝てていいよ。

201011095
いっぱい召し上がれ。

201011096
たくさんの愛につつまれて。みんな違ってみんないい。 

2010年11月 8日 (月)

晩秋ウオーキング

201011082
達沢不動滝の虹も鮮やか!

201011083
ここに幸ありハートの鯉

201011084
毘沙門沼のカエデも今がピーク

201011085
中瀬沼の夕景   

2010年11月 7日 (日)

この一枚 1/101

201011071

7日の好天に撮影した紅葉の写真枚数101枚。亀ケ城址にて。
紅葉情報。土津(はにつ)神社まもなく見頃。姫沼散り始め。

2010年11月 6日 (土)

磐梯登山天気予報に誘われて

6日の登山道の様子です。圧雪で滑りやすいので十分ご注意下さい。

2010年11月 5日 (金)

ここも教室

201011045
この環境でのびのびと学ぶ3年生13人。

201011044
発表は、発見の場所にダッシュで移動 run

201011046
今日のテーマは越冬態なんだけど・・・わかってるよね! 

2010年11月 4日 (木)

晩秋の磐梯山登山について

快晴の磐梯山。ただし3日の積雪で4日午前中は冬の様相。

この雪も今日明日でとけることでしょう。ということは・・・登山道はグチャグチャになりますので、週末磐梯山においでの方は長靴や登山靴にスパッツ着用がおすすめです。

この時期の山頂付近の気温は5℃くらいです。
寒さ対策はこちらsign01

201011041
吉田さんと弘法清水小屋ファンの方々

201011042
吉田家のミカン。ごちそうさまでした delicious

2010年11月 3日 (水)

ホワイトアウトナビゲーション概説

201011031
11月3日の磐梯山 晴れの特異日の天気が本日は雪なり。

 ホワイトアウトナビゲーション概説

リングワンデリングはしてしまうものだという認識を持とう shock

目的地に向かっているはずなのに円を描き、さまよい歩くことをリングワンデリングといいます。人は誰しも無意識のうちに楽な方に向かってしまうものです。

疲労時は風下に向かい、トラバースする時は下りに向かってしまいます。視界がないところで真っ直ぐ歩行することは困難ですね。

わたしは、同じところを3回半回ってしまったことがあります。ある講師は、10分で行ける距離を2時間かかったそうです。目標の小屋の1メートル脇を通過したのに気づかず彷徨してしまい・・・

 だから、地図・コンパス・高度計(こまめに補正)を使いましょう!

ここだけの話
GPS付き腕時計は発売されるか?
技術的には日本ではGPSでもビーコン付きでも製造可能だそうです。
でも発売されないでしょう。
望むのは少数派でバッテリーがもたないからだそうです。
ちなみに私のプロトレックは電池4個。

2010年11月 2日 (火)

安全のための公開講座

201011021
①周辺地形でのナビゲーション技術 講師 黒澤 徹氏
②山登りの疲労とその予防      講師 山本 正嘉氏
③熱中症と低体温症          講師 金田 正樹氏

 ※ 明日以降に要点のみアップロードします。

受講者はプロ意識が高いガイドたち。彼らの話を聞く姿勢は本気だ。お客様の生命を預かる仕事に妥協は許されない。

2010年11月 1日 (月)

日本の渓谷美

201011011
川のせせらぎ、小鳥のさえずりにクマ鈴はご勘弁を。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »