« 旅立つ前にカレイドスコープ | トップページ | タケちゃんのPLAN・DO・SKI ① »

2011年1月11日 (火)

親子の絆だろうか

201101102
「父ちゃん!オレ、はまっちまったぜ」
「待ってろ。ちょろ吉。今、引っ張ってやる」

 ちょろ吉という名であっても、彼は歩道専用除雪の重要な任務を任されている。
 11日から新学期を迎える子どもたちの通学路を確保するため一生懸命だったのだ。

 極太のワイヤーが二人を結ぶ。ただ、今日の父ちゃんはちょっと荒っぽかった。
 「父ちゃん、ちっと待って」と言おうとしたのだが、ちょろ吉はグイっと引っ張られ電柱に頭をぶつけてしまった。

 無事に雪山から抜け出せた。
 父は「男がちょこっとのケガぐらいなんだ」と言えば。息子は「オイラ、このくれえダイジョウブだ」という。
 猪苗代町内で、頭にバンソウコウを貼っている彼を見かけたら優しく声をかけて欲しい。 

 関連ページ

« 旅立つ前にカレイドスコープ | トップページ | タケちゃんのPLAN・DO・SKI ① »