« 明日も天気になぁれ | トップページ | 冬の達沢不動滝 »

2011年2月 3日 (木)

やりたいことをさせる前に

20110203
イメージ

 まもなく猪苗代町では小学生のスキー大会が開催される。猪苗代スキー場では子どもらが100分の1秒を競うために練習している様子が見られる。保護者も本人たちも本気だ。

 ところが、一般スキーヤーから先日も苦情が出た。「地元小学生が初心者の間をすごいスピードで通りぬけるので怖い」という。

 友だちと一緒になっている11、12歳の児童がおとなしくしていられるわけがない。やはり引率者の責任だろう。

 スキー場は公共の場である。ましてや、数万円の旅行費用を支払って猪苗代町に来ているお客様に地元の子どもらが迷惑をかけるなどとんでもないことだ。「感謝の気持ちをもって滑る」ということを教育委員会や学校経営現場で教えることはできないのだろうか?できなければ本物のアスリートなど育たないと思うのだが。

« 明日も天気になぁれ | トップページ | 冬の達沢不動滝 »