« 仲間とのお昼 | トップページ | 自分が熱中症になりまして (^_^;) »

2011年7月25日 (月)

暑い日の危うさ とにかく食べよう

201107162

 自分の身体は大事にしたいものです。
  熱中症だけが怖いのではありません。
   持病とも付き合いながら夏を過ごしましょうsign03 
 
ケース1
 午後2時間の屋外作業で疲労したため、早めの就寝。
 翌朝、全身痙攣で救急搬送。70代男性

 熱中症の症状は当日出るとは限らない。
 寝苦しい夜で睡眠不足。
 食欲がなく、水分塩分不足。

ケース2
 八方台登山口から磐梯山登山中、弘法清水小屋付近
 で脚がもつれ動けなくなる。60代女性

 水分補給はお茶100CCのみ。「水分は採ってた」と言いはる。
 昼食後に歩行可能に回復。

どうすればsign02

 ・ 朝は味噌汁を飲む。(ドクターからも聞きました)
 ・ 食べたくなったら食べる。(太めなんか気にしない) 
  ・ 水分(スポーツドリンク)は少しずつ時間で摂る。

  食物から摂る栄養でお薬も減らせるといいですね。
 


« 仲間とのお昼 | トップページ | 自分が熱中症になりまして (^_^;) »