« 寒暖の差に負けないで | トップページ | 安達太良連峰 横向温泉-旧土湯峠-鬼面山-箕輪山-横向温泉 ループ »

2011年9月23日 (金)

土田堰(はにたぜき)のもう一つの顔

201109231

 土田堰(はにたぜき)は1673年友松勘十郎(ともまつかんじゅうろう)により着工。長瀬川から引水され、磐梯山東麓から土津神社の境内前を通り、土田集落にそそぐ堰で全長は約12km。

 この江戸時代前期に造られた堰に沿って歩くこともできるし、ランニングをすることもできる。猪苗代町はクロスカントリースキーが盛んである。その国体出場選手たちは土田堰を走り近くのコースでローラースキーのトレーニングをする。

 3ヶ月後にはここの辺りも雪景色。冬に向けて若人がトレーニングする姿がすがすがしい。よーし、とその気になって少しでも真似しようものなら、酷体ということになる・・・スポーツの秋ほどほどに。

« 寒暖の差に負けないで | トップページ | 安達太良連峰 横向温泉-旧土湯峠-鬼面山-箕輪山-横向温泉 ループ »