« 静かな湖畔 志田浜 | トップページ | 雪国はジャンケンマークも道路標識 »

2011年12月15日 (木)

私的に磐梯山を説明してみる

200906024_2
1888 (明治21)年にできた火口 downwardleft銅沼(あかぬま)
              昔は銅のことをあかと言ってました。
英語では Copper (カッパー)ですが、かっぱは棲んでませんcoldsweats01

水蒸気爆発による噴火で小磐梯の山体が崩壊したそうです。
   downwardright お湯が沸くとヤカンの蓋が持ち上がるイメージ。
       それが崩れて岩のなだれがおきたようです。
         怖かったでしょうね shock         
 

その小磐梯fuji(推定標高1,800m)がこのへんにあった downwardleft      2011091191
磐梯山の内部が見えるこの壁はdownwardleft
         その名も崩壊壁
 ここで、ホーカイと言っていただけると嬉しいです。

研究調査対象としての磐梯山は世界レベルだそうです。
周辺観光施設なども整っているこのエリアは世界ジオパークになる可能性大sign01バンダーイend

 

« 静かな湖畔 志田浜 | トップページ | 雪国はジャンケンマークも道路標識 »