« 強清水(こわしみず) 千本蕎麦といえば・・・ | トップページ | C線箕輪(シーセンミノワ) »

2011年12月 8日 (木)

暗闇の恐怖

2010111913

天災は忘れた頃にやってくる。
日中ならまだ見える。だが、一日の半分は闇なのだ。

わたしは、今日も出かける時にはカバンの中にヘッドランプ
そして予備のバッテリーを持参した。

ある新聞のアンケート
被災時に一番心配になるのは?
71%の人が「家族の安否」と答えたという。
もしもの時はFacebookやTwitterでご家族の安否を確認
されることだと思う。
その時必要になってくるのはやはり、バッテリー

震災の時乾電池やバッテリーが高騰したことは記憶に新しい。
真っ暗というのは実に怖いcatface

« 強清水(こわしみず) 千本蕎麦といえば・・・ | トップページ | C線箕輪(シーセンミノワ) »