« 逢うと嬉しいホシガラス | トップページ | 猪苗代湖周辺 旬の食材 »

2012年4月14日 (土)

残雪期の歩き方

201204114

 雪が残る山々を前にして。雪どけまでは待てない。コツさえつかめば無雪期に味わえない楽しみ方もできる。

①天気を見て早朝から登ろう
  晴れの日は気温が上がる前に夜間は冷え込む。ザラメ雪が
 締まっている日の出前から登りたい。

②足元の道具をこまめに変えよう
  ツボ足のままでいけることもあるし、スノーシューが必要なこ
 ともある。滑落防止には4本爪アイゼンがおすすめだ。
 2,000円程度で購入できるのだから命に代えられない。

③足にフィットするスパッツを装着しよう。
  雪が入るのではスパッツではない。靴底にはスパッツのゴム
 紐がくるはずだ、その上からアイゼンを装着する。雨具のパン
 ツを履いている場合もかっこ悪くてもその上から。

④体温に合わせてこまめに着替えよう
  今の時期、磐梯山に登るために3回は着替える。着替える
 こともおっくうな登山者は雪山に向かない。

関連記事 雪山はなぜ楽しいか

 運が山行を左右する。今の時期に登山者がいない訳だ。
                               Good luck.

« 逢うと嬉しいホシガラス | トップページ | 猪苗代湖周辺 旬の食材 »