« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

声が聞こえた

201208312

「山が呼んでいる」 俺は走りだした。

「呼んでないけど」 ここで言われた。

201208311

201208313
秋風が吹き始めました

2012年8月30日 (木)

今日は自分が 甘く見ていたツリーアドベンチャー

2012083020
初級者向けのグリーンコースと中上級者向けのオレンジコースに分かれている。

Photo
リステルのTreeAdventure(ツリーアドベンチャー)
201208301 201208302
 オレンジコースはプーリーを自分で移動するのだが、必ず赤いワイヤーにカラビナを使って確保。
 この手順を10mの高さで繰り返すのだが・・・

201208303
引き返すことはできない厳しいミッション。
握力と腕力の限界をかんじつつ、前進あるのみ全身汗まみれ。
カクカクするのは恐怖心からだけではなかったのだ。201208304
人が小さい。感想を一言。逆走マラソンの方が楽です。

2012年8月29日 (水)

度胸だめしだ TreeAdventure(ツリーアドベンチャー)

Photo
この夏話題のTreeAdventure(ツリーアドベンチャー)
うわさ通りというか、思ったよりも高所にあったcoldsweats01
201208292 201208293_2
ハーネスを装着。緊張。    命綱よ頼むぜ。
201208294
はやる気持ちと恐怖心ごちゃまぜの気持ちでスタート。
201208295_2
ガ・ン・バ・レー
201208291 201208296
最後はいよいよターザンロープでゴールだhappy01

2012年8月28日 (火)

標高差1,000mにチャレンジ 磐梯山翁島登山口

201208284
水場がないため、水分は1.5リットルご持参下さい。

201208282
平日でもにぎわう磐梯山山頂

翁島登山口はイワインチン、イブキジャコウソウが見頃。

201208281_2

201208283

2012年8月27日 (月)

The setting sun of Lake Inawashiro

201208271

  昼間の気温は嘘だったのか。
    猪苗代湖畔の空気はひんやりしていた。

2012年8月26日 (日)

猪苗代湖カヌーアドベンチャー ちょっとおそめの夏休み

201208262201208261

【職場から離れても】

ピチャン、ピチャン。
パドルが水面を切る音が涼しい。
湖上をのんびり進むカヤック。

「ようやく自分たちの休暇がきました」
お父さんが静かに話してくれた。

「成田の夏は本当にすごいですよ」
お嬢さんはANAのグランドホステスだという。

彼女は青空の白いラインが気になるらしい。
「新千歳の航路になってるんですよ」
わたしが言うと
「あっ、ここは猪苗代湖でしたよね」

今度は父娘で空を見上げた。

2012年8月25日 (土)

五色沼自然探勝路の歩き方

201208201
磐梯東都バス五色沼入口バス停留所

五色沼自然探勝路を歩くなら、まずここからバスに乗ろう。
自家用車、は裏磐梯ビジターセンターの駐車場を利用。

裏磐梯高原駅まで240円、バスだと6分であっという間だ。
帰りはなだらかな下りをハイキング4kmで70分。

Photo

2012年8月24日 (金)

裏磐梯ナンバーワン 松原キャンプ場

201208245_2201208246_2
松原キャンプ場に上陸だあ

201208244
ステーキバーベキューはこちらのレストランで

201208243
カヌーはアヒルが先導するよ?

201208242
一番人気のターザンロープ

201208241
また来たい、また期待happy01


2012年8月23日 (木)

猪苗代湖での遊び方

201208233
上戸浜駐車場付近にてシュノーケリング。
見えるのは川エビ、ヨシノボリ、ブラックバス、ウグイ、ウナギなどhappy01
201208231
チャレンジじゃんけん。水上のお菓子を勝った方が1片食べられる。

201208234
水が袋の中に・・・入れたのはタケちゃんcoldsweats02

201208232
明日もあるさ。

2012年8月22日 (水)

磐梯山 トトロのトンネル

201208226
「ああ、メイが歩いたとこだ」

201208221
水水水。これしか言わない。

201208222
弘法清水にて昼食。この時すでに悲劇は起きていたshock

201208223
落ちた落ちた何が落ちた。カラアゲ。

201208224
食欲旺盛な野球少年たちは弁当を食べた後にカップヌードルを。 その時は感心したが、10分後に鼻血1名、腹痛1名。予想通りだhappy01

2012年8月21日 (火)

裏磐梯エゾミソハギ見頃

201208203
弁天沼のエゾミソハギ。水辺や湿地に生え日本では盆花として知られる。ヤナギランと間違えることもある。
201208204
五色沼入り口でも見られるが、桧原湖畔西岸細野地区がビューポイント。

2012年8月20日 (月)

夏の終わりにるり沼に立ち

201208202
【生い立ち】

 美しいるり沼は、磐梯山の噴火爆発によって生まれた。
 笑われるガイドのわたしは口から先に生まれてきた。

2012年8月19日 (日)

団子団子団子カヌー

201208193
南東の風でおおきなうねり。

201208192
渋滞で団子状態だ。教習所のようhappy01

201208191
磐梯山に向かって団子の隊列で帰ろう。

2012年8月18日 (土)

雨上がり 夏の桧原湖

201208181


2012年8月17日 (金)

弁天沼と柳沼


201208173201208171


2012年8月16日 (木)

逢いたい 会いたくない ツキノワグマ

ツキノワグマ時々出没中。
201208164
お客様が気づいた。「けもの道だ」 その通りですcoldsweats01

Photo_3
ここはどーこの細道じゃ?毘沙門沼の細道じゃ。西側です。

201208162
こういう時こそ「幸せなら手をたたこう」パチパチパチと叩きましょう。

201208161
笑顔をありがとうございます。

2012年8月15日 (水)

夏のるり沼

201208151

周りの景色がが水面にうつる。磐梯山のビューポイント。

M字型の右側ピークが磐梯山。どこから登るんですかという質問が多い。

「西側の標高1,200mの駐車場から東京スカイツリー分登ります」とご案内する。 4歳から94歳まで登頂している山だ。

201208152 ナナカマド、ツタウルシ紅葉はじまり

2012年8月14日 (火)

川を渡り穴をくぐり虹を渡る

201208141

201208143

201208145

2012年8月13日 (月)

2012年8月13日 五色沼自然探勝路

201208132
201208131_5

今日の五色沼自然探勝路 テーマは食べられるもの。 見上げているのはクルミ。その他には、サルナシ、コバノフユイチゴなどがある。

2012年8月12日 (日)

川エビを探しに

201208127201208121 201208124 201208123 201208122 201208125

2012年8月11日 (土)

この夏のアドベンチャー 猪苗代湖カヌーツーリング

201208114
猪苗代湖の十六橋水門はジャングルクルーズの雰囲気

201208111
カヌーで上陸する。まさにアドベンチャーだ

201208113
美しき猪苗代湖の天然シジミ

201208112

帰りは磐梯山に向かって happy01    猪苗代湖カヌーツーリング

201208118201208119_22012081110

自然体験プログラム foot  高森川ウォーターハンティング  

201208115201208116_2201208117_2

 

2012年8月10日 (金)

猪苗代湖上戸取水口

Jouko
上戸浜の最北端が元の取水口跡だ。

201208055
取水口跡の砂浜で水浴びする人々

201208053
明治期の安積疎水管理施設もレストランに変身
アンジュール猪苗代 
昭和37年までの80年間、ここで安積疎水を取水していた。
写真右 青色のものが揚水機(ポンプ)

2012年8月 9日 (木)

磐梯山パチパチぽたぽた音がする

Nakanoyu
八方台駐車場からブナ林に入ると上の方から雨が降りだしたような音がする。

201208084
今年は、毛虫が大量発生。ブナの葉を食む音がそれらしい。

ごちそうである幼虫を狙って来るのがクロカタビロオサムシ。逃れるように走り去ろう といたしていたところを捕獲した。

わたしたちも「食」にあわせ、身軽に転居できる術を持ちたい。

2012年8月 8日 (水)

磐梯山頂で諭す

201208081
今日も話した。
「手長足長は、壺に閉じ込められてこの下に埋められてるんだ」
「昔の深さで30尺だから約9mの深さだな」と、リアリティを出す。

201208083
半信半疑のまま慎重に下山。

201208082
子どもたちは、「呪文」や「封印」という言葉に免疫がない。

5年生たちよ、1年後に君等を待つhappy01

2012年8月 7日 (火)

ひるの話題

磐梯山にヒルはいないんですか?と質問があった。
空腹の上にこの天候だ。
いないと説明すると「ああ、良かった」
201208072

下山途中のこと、後方で声がした。
「弘法清水小屋でなめく汁食べない?」
お客様、それはナメコ汁。
201208073

201208071

磐梯山情報
ナナカマド紅葉はじまり。
これからは10℃以下になることがあるので防寒具の用意を。

2012年8月 6日 (月)

西吾妻山 大凹の水場は涸れていた 2012年8月6日

吾妻の夏の癒し大凹の水場は渇水中。ショックのため画像なし。

201208061

下りは、若女平登山道。標高差およそ1,200mの上級者コース

201208062

ここで、竜巻に注意と言われても・・・
雷と雨だけでもごちそうさまでした。明日は磐梯山

201208063

2012年8月 5日 (日)

どこぞの国のリゾートか

201208051
猪苗代湖 上戸浜 夕暮れ時がおすすめです。

201208052

ヨットにとってもいい風だ。爽やか~t-shirt

2012年8月 4日 (土)

今の痛みは2つほど

201208041_2
いつも足の痛みなく登山をしたい・・・とは思っている。

痛いところその1
右足のかかと。内部からの鈍痛があり辛い。
強い衝撃が加わり、かかとの脂肪組織が壊れることがあるらしい。
脂肪組織を寄せクッションを作るようにテーピングした。これは効く。
 対処法
  ・ふくらはぎのマッサージ
  ・かかとの痛みテーピング (参考)

痛いところその2
左親指の付け根。指先がちぎれる程のつらさで歩けなくなった。
原因は横アーチの崩れ。痛みが取れるまで3週間かかった。
トレーナーでもある整体師の治療を受け判明。
 対処法
  ・足裏のマッサージ (ツボは湧泉)
  ・竹踏みを横でなく縦に踏む
  ・横アーチのテーピング (参考)

 普段あまり意識しない横アーチ、これが崩れると着地の衝撃が大きくなり、つま先や中足部の痛み・だるさの原因になる。外反母趾の方も崩れやすいという。
つらい痛みも自分で治癒。これができると楽しくなる。

Photo_2

2012年8月 3日 (金)

連日大盛況 じゃぶじゃぶ池

猪苗代町総合体育館 カメリーナ じゃぶじゃぶ池

2012080212
遠方からバスで来る団体もあり、幼稚園や保育所の遠足でも大人気。
2012080211
子どもたちは噴水が好きだ。
2012080213
キッズの身体機能向上にはこの遊具。効果大happy01

2012年8月 2日 (木)

8月2日 わたしの夏休み

201208021_2

201208023_2201208022_2

201208024 201208026 201208028201208029 201208027

2012年8月 1日 (水)

磐梯山最年少登山者か

201208013
4歳の彼は磐梯山だけでも2回目の登頂。しかも、わたしの後ろでみんなと同じペースで登った。

201208011
幻の滝 RAINBOW

201208012

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »