« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

猪苗代紅葉はじまる

201210312
田んぼではハクチョウの群れを見ることができる。

201210311
標高600m付近の紅葉はこれからが見頃。場所はこちら

2012年10月30日 (火)

磐椅神社の境内で

磐梯山の神様である磐椅神社
境内随所に神秘的なスポットがある。
201210301
巨大バームクーヘンは樹齢数百年の

松だと思ったら樅(モミ)の木だそうです。訂正しますm(_ _)m

並んでいる弾痕はキツツキが開けた穴。

201210302

2012年10月29日 (月)

朱色に感動 るり沼のモミジ

201210292
海外からのお客様が増えてきた五色沼自然探勝路

201210291
世界に誇る裏磐梯の紅葉

2012年10月28日 (日)

みんなで登山は段取り八分

201210171
歓びのイメージ

 山頂まで行けるグループと残念ながらというグループがある。
 登頂できたメンバーには共通点アリ。

・当日の目標と雨天プログラムが明確。(少雨・荒天まで)
・1週間前、前日と2回以上電話打ち合わせをしている。
・行動が早く、時間に正確。
・地道なトレーニングを積んできた。(毎朝校庭5周など)

 こうしたグループは明るいし、ケガもなく登頂することができる。
 磐梯山がお客様のいい思い出になってほしい。

2012年10月27日 (土)

桧原湖一周ウォーキング②15km

201210271
大山祇神社の鳥居も出現してくれているhappy01

201210272
ゴール直前は時速5.2kmでラストスパート。
早稲沢から雄子沢までの15km全周ゴールCongratulations! 

2012年10月26日 (金)

五色沼に紅葉

201210263
柳沼 ここも撮影スポットとして有名

201210262

201210264

【るり沼 Magic】

 裏磐梯の紅葉が佳境に入った。
 この沼の人気がナンバーワンだろう。

 頭上のカエデが橙色から朱色に変わる。
 透き通った瑠璃色とのコントラスト。
 旅人は心が穏やかになる魔法にかかる。

2012年10月25日 (木)

十六橋水門で猪苗代湖クイズ

201210251
アケビを説明すればAKBになり。
マムシグサを見せれば「みんなー、マムシだぞ」になるhappy01
そのわりには「夜は怖いから一つのベッドに4人で寝た」
4年生だからなのか?

201210253201210252
いよいよ、タケちゃん特製猪苗代湖クイズ。
120人いっぺんに、はずれたら座る方式。

201210254
質問タイム。やはり「結婚してるですか?子供は?」だった。

2012年10月24日 (水)

初雪の吾妻小富士 浄土への道なのか

201210243
寒くてしゃがんでいるのではないshock
強風で立っていられなかったのだ。
「火口の中を覗きたかったわ・・・」
お客様それこそ、○○の土産になってしまいます。
犠牲になったのはブランド品のお帽子。一瞬だった。

201210241
おだやかな達沢不動滝。紅葉はこれから。

2012年10月23日 (火)

その名もロイヤルシティ猪苗代ヒルズ

201210224
 磐梯山と猪苗代湖を望むダイワハウスのVillage
 それがロイヤルシティ猪苗代ヒルズ
 猪苗代に住みたいなと思う方は現地事務所の
 「ウェルカムオフィス」にお問い合わせをhappy01

201210223

201210225
高台の立地で猪苗代湖も一望できる。

2012年10月22日 (月)

夕暮れの五色沼自然探勝路

201210221
弁天沼にて かつての絵はがき・ポスター写真撮影スポット

201210222
裏磐梯ビジターセンター周辺間もなく見頃。
本日の月曜日でも駐車場は満車。

2012年10月21日 (日)

猪苗代湖ハーフマラソン2012 走るの大好き

201210211

たくさんの笑顔が

違うと思った 
マジ苦しそうな顔が・・・

素敵だと思ったので来年は出場することにした。
すぐに部長に報告。
すると「仕事を蹴るのね」と言われた。

数少ない友人のひとりであるパソコンに小さな声で呟いた。
「今に見ていろ、オレだって」bearing
とにかく、いろいろガンバル。きっと。

201210215

201210213

201210214

201210212

2012年10月20日 (土)

桧原湖一周ウォーキング①15km

201210203

201210202

【聞き返してしまった】  

 ガイドのわたしより歩くペースは早かった。
 「だから、俺は80歳だって」
 「えっ!」

 その大先輩の生活
 起床前寝床でストレッチその後足裏マッサージ
 起床4:00 懐中電灯携え2時間10kmウオーキング
 体操6:30 シャワーの後に朝食  
 出発8:30 ボランティア活動へ・・・  
 これを毎日続けているという。  
 自分も含め40代、50代の将来は大丈夫だろうかcoldsweats01

201210201

2012年10月19日 (金)

お待たせしました 裏磐梯の紅葉

201210193
レンゲ沼付近

201210192
場所はこちら

201210191
桧原湖畔つり橋。箱庭のようhappy01

 

2012年10月18日 (木)

雨の西 毘沙門沼

201210182
この色本物。
雨上がりだから麗しい。
沼の色に透明感が加わり、紅葉に光沢が出る。

201210181
わたしの声は大きい。
20名のお客様に説明を終えると40名ほどになる。

2012年10月17日 (水)

この日のために校庭を走ってきた

201210171
5学年13名全員集合happy01

201210172
絨毯に見える弘法清水付近

201210175
「ぼくたちって付き合ってるって言えるよね」
「後ろで聞いてるわよ」
「うん、わかってるよ」

201210173
一番元気なのは、校長先生だった。

201210174
雨具も想い出さ。

2012年10月16日 (火)

赤埴山麓1,250m付近より

201210161
天気良く那須連峰まではっきりと見える。

2012年10月15日 (月)

今年で50歳 上戸頭首工

201210151

 安積疎水(水路)で猪苗代湖上戸(じょうこ)地区から取水しているのが上戸頭首工(水を取る施設)である。

 表面の暖かい水の取水方式を導入し、1962年(昭和37年)に山潟取水口とバトンタッチをした。

201210152jpg

2012年10月14日 (日)

猪苗代町紅葉始まる 標高525m 亀ヶ城址

201210141 201210145
201210142201210143

2012年10月13日 (土)

21.0975kmを走ってみたよ

201210131

 猪苗代湖ハーフマラソン 2012が10月21日(日)に開催される。当日は参加できないが、コースだけでもと思い走ってみた。   

 スタート・ゴールになるカメリーナ南側道路も本日舗装され整備が進んでいる。昨年とコースが変わり国道49号線も3.6kmのストレートがある。

 選手の皆さんには、磐梯山や猪苗代湖を眺めながらのレースを思う存分楽しんでいただきたい。   

 コースが気持ちよくなった分ペースを上げるだろうから、きっと気持ち悪くなるんだろうなと心配している。

 ハーフマラソン日本記録は1時間00分25秒
 記録保持者は佐藤敦之(あつし)選手である。

Photo

2012年10月12日 (金)

ドライブは紅葉はじまり裏磐梯へ

201110195 20120927_2

裏磐梯 第6回お客様感謝デー  有名なきのこ山3,000人前
                     イベントいろいろ盛り沢山

 紅葉はスカイライン、ゴールドラインが見頃です。
 ただし、浄土平駐車場や八方台駐車場は大混雑が予想されますので渋滞には充分ご注意下さい。
 人気のコースはゴールドラインを使っての磐梯山一周ルート(50km)です。平日でも登山・トレッキングのお客様で賑わっています。

643984_458227130882889_31671726_n

 

 

2012年10月11日 (木)

磐梯山のおかげで

201210111

 手を広げたくなる、穏やかな磐梯山日和。
 麓にいるのにすぐ登りたくなるから不思議だ。

 すばらしい山であり、誇りに思う。
 職場としてお世話になっていることにも感謝している。

 昨日、弘法清水で消防関係者が話して下さった。
 「子どもらが大竹さんと一緒ならなら安心だ」と
 この言葉を胸に、山の良さを案内したい。
 
 今年度に磐梯山をご案内した数は1,500人を超えました。
 みなさん本当にありがとうございます。

2012年10月10日 (水)

お花畑って良さそう 天国風だね

201210101
たどり着いたお花畑は気温4℃  お花はないcoldsweats02

201210102
磐梯山山頂付近はそろそろ落葉

2012年10月 9日 (火)

贅沢な眺め

201210092

 多くの人にこの眺めを見て欲しい。

2012年10月 8日 (月)

大人の休日体育の日

201210081
猪苗代湖でカヌーツアー

201210082
お見事happy01

201210083
気になるなあ無人島

2012年10月 7日 (日)

吾妻連峰縦走 Method

Photo

 明月荘(弥兵衛平小屋)を真ん中としてコースづくりを。
 水場はないと思って行こう。(2012年夏は渇水)
 アップダウンの連続を楽しむ。(ピーク越えは8山以上)
 連峰東部は笹ヤブジャングル。(朝露攻撃は覚悟すること)
 信仰心の薄いわたしが気場を感じる烏帽子山。
 連峰西部は標高差500m以上ある樹林帯。(デコ・西大巓間)
 天元台のリフトを活用しよう。(日本一長い夏山リフト)

 山を小分けに山分けに。無理をしたって誰も褒めない happy01

201210066

2012年10月 6日 (土)

吾妻連峰 弥兵衛平周辺の草紅葉

201210062
明月荘(弥兵衛平小屋)今日の宿泊は5組16名以上になる。
201210061
遠方に猪苗代湖
201210067
フラワーアレンジメント
201210064
いろは沼
201210068
日本庭園
201210065
人形石方面へ登り返し

2012年10月 5日 (金)

気象情報入手せよ

201210055

 登山直前までの天候判断は自宅窓から見える磐梯山の様子とこのサイト。中でも役に立つのは雨雲の動きだ。

 さて、変わりやすい天気の時に出発した場合はどうなるか。
 登山中であっても、ベースキャンプに電話をしコールバック依頼をしている。また、雷注意報等が発令されれば私の携帯に連絡をする体制をとっている。
 そのためにも、通話エリアの確認とバッテリーのゆとりが大切だ。

 Logo_3

画像サンプル
2

ベースキャンプとは磐梯山の力または国立磐梯青少年交流の家

2012年10月 4日 (木)

あきらめなかった 磐梯登山

201210042
山頂どうしましょうかmist と一応相談。

201210043
感動の山頂

201210044
57名へ Congratulations ! 毎日ランニングでトレーニングしてきた。

201210045
山頂付近紅葉ピーク

201210041
ありがとうございましたhappy01

2012年10月 3日 (水)

森の中のあま~い香り

201210031

今の時季、水辺近くの林で甘い芳香がするmaple・・・
散策中に思わず立ち止まってしまうのだ。カツラである。

昨日の子どもたちは「カステラのにおいだ」と言っていた。
なるほど、綿あめのようなカラメルシロップのような香りだ。

カラメルの香りの主要成分であるマルトールが含まれてい
るため香るらしい。さらに、マルトールが麹菌と関わると香
りが強くなるという。

フレグランスになったらいなと思ったが、香りでお腹が空きそうだdelicious

201210033

2012年10月 2日 (火)

ねえ、みんな話聞いてる?

201210022
「触ってごらん」とは言った。舐めるヒトが必ずいるcoldsweats01

201210023
先生、笑顔いっぱいhappy01

201210021
あのー、タケちゃんもいるからね。

2012年10月 1日 (月)

風邪はひけない

201209271

 寒くなり空気も乾燥してきた。この秋、体調を崩さないようにしたい。風邪の予防に手洗い・うがい・水分補給が大切だ。ちょっと面倒な「うがい」だけれど、知人から薬の話を聞いてからこまめにするようになった。

 うがい薬のポピドンヨード(イソジン等)は殺菌力とその持続効果がかなり高いらしい。しかも、口内炎、歯周病予防、口臭予防にまで効くという。万能薬ではないが、プロのお姐さんが使うというのもうなずける。
 秋の登山シーズン、自分のためにも風邪はひけない。

1

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »