« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

滝の上が気になる

【注意】達沢不動滝上流部は大変危険です。
     滑落するのでロープも必要です。


201211302

 急峻な崖を覗き込む。
 滝と淵が幾重にも重なる風景があった。

 濡れた落ち葉で覆われた高台で足がすくむ。
 悠久の時の流れが渓谷美を創る。

201211303

201211301

2012年11月29日 (木)

雪だるまマーク登場

Snow_2
 天気予報では、気圧配置が冬型と耳にするようになった。いよいよ冬本番。

 スタッドレスタイヤはもちろんだがガソリン満タンでこの危機を迎えたいものだ。

  トランクの中にはコレ ・・・
○長 靴 (氷の上でも本領発揮)
○作業用ゴム手袋 (軍手は濡れて冷たくなる)
○冬用ジャケット
○ヘッドランプ
○登山用ザック一式 (中身はどんどん使いたい)
 余裕があれば(助けてもらう時も助ける時も必要)
○スコップ
○ブースターケーブル
○牽引ロープ  

 JAFもすすめる優良サイト 雪道運転テクニック

 HONDAワンポイントアドバイス 雪道の走り方

 会津地方雪道情報   Yukimichi_1   

 猪苗代警察署管内の交通事故は6割が観光客だという、事故の種類は「追突」と「出合い頭」が多い。地元住民の私たち側から気を付けたい。

2012112022
こういう道は・・・できれば避けたいbearing

2012年11月28日 (水)

活火山の定義

201211281

かつて習った活火山の定義(休火山・死火山・活火山)は???
休火山・死火山」という呼び方・概念は無くなり廃用となっている。

死んだはずの山が蘇ってしまったことがあり、2003(平成15)年に再定義したらしい。(Otomisanではない)

結局今は、「活火山」または「活火山以外の火山」ということだ。
ウーン、わかりにくい。しかも教科書には載っていないそうだ。
「元気な山」または「元気な山以外の山」ということなのでしょうかね happy01

2012年11月27日 (火)

救命救急 一番の失敗は何もしないこと

201011271

 大切な命を救うのはあなたです

 そばにいたあなたが胸骨圧迫するかどうかで救うことができます。
 気道確保も人工呼吸もやらなくてOKです。(ガイドライン2010)
 胸骨圧迫で脳に酸素を供給し続けましょう。

  【救命のリレー】 

 意識の確認、なかったら大声で人を呼ぶ。

①早い通報 (人に頼む)   
      119番mobilephoneとAEDの手配
②早い心肺蘇生法(勇気を出してCPR)
  脳への酸素供給維持のためです
 ◆胸骨圧迫が最優先heart気道確保も人工呼吸もやらなくてOK
   肘をまっすぐに伸ばし体重をかけるようにし約100回/分の速さ
  で圧迫を繰り返す。タイミングはアンパンマンマーチのテンポで。
    そうだ おそれないで
    みんなのために
    愛と勇気だけが ともだちさ

 ◆AEDは電源を入れさえすれば音声メッセージが流れます。heart02
③早い搬送 (救急隊)car
④早い診療 (病院)hospital

 日本では一般市民による心肺蘇生法(CPR)施行率は、欧米諸国に比べまだ低い。自分たちのまわりの生命に目を向けたい。

2012年11月26日 (月)

猪苗代湖の屏風岩

201211195
猪苗代湖 湖南港から見える屏風岩

2
気になったので行ってみた

201211199
水位が低いこの時期、近くまでいけるが滑るので注意。

201211197_3 201211198_2
猪苗代湖の湖面低下工事が昭和18年に行われた。以前は、現在より約2m水位が高かったと思われる。その頃の浸食跡かもしれない。

2012年11月25日 (日)

2012年11月25日 磐梯山翁島登山口

201211252_2
【Thanks mountain climbing】
  一人で、感謝の気持ちで登った。
 ついでに商売繁盛も祈願しようとした。
 磐梯明神が大魔神に変わった。
 力戦奮闘し精進致します。

201211251_2
夏山シーズンを終え、冬山の時季になった。

201211254
ジオラマのように見える裏磐梯

201211255
間もなく夕暮れの磐梯山山頂

201211256
飯豊連峰

2012年11月24日 (土)

パン皮状火山弾 (breadcrust bomb)

201211241_3 Nec_3666_2
                                               こっちは本物のパン

 磐梯山が若い頃、マグマを噴き出しました。
 元気よく噴き出された溶岩の塊(火山弾)は、空中で冷えて外側が先に固まりました。
 内側はまだ熱々なので表面が破れてしまうことがあるんだそうです。食べられないわたしの名前はパン皮状火山弾です。

201211242 Photo_2
ここで見ることができますよ。

 

2012年11月23日 (金)

23日箕輪スキー場OPEN

201211231

2012年11月23日15:51の箕輪スキー場
雨のち霧でもたくさんのスキーヤーで賑わった。
こういう時もあるから青空の日の感動があるのだ

2012年11月22日 (木)

Indian high school student

201211221_2
穏やかな天候に恵まれた毘沙門沼

201211222
大きなコイにびっくりだ。

201211223
日本の固有種を説明

2012年11月21日 (水)

磐梯山の噴火 被災地をたどるツアー

201211213
これです、噂のオオイシ「見祢の大石」です。

 お客様、石に登りたいお気持ち はわかりますが、「国指定天然記念物」だそうです。どうですか、ご感想は?そうですか、思ったより小さいですか。実はこの石あ まりの重さで地中に毎年数cmずつ沈んでいるらしいですよ。きっと、今はかな り土中に埋まってしまっているんでしょうね。だから小さく見えるんですね。わたしも最近食欲があるんで、沈まないように注意したいと思います。

 ここは見祢地区ですが、124年前の噴火の時の泥流で被害にあったところがまだあります。
 まず渋谷(おっとこれでシブタニと読むんです)地区ですが泥流が流 れた跡がスキー場になってます。
 それから、長坂です。長坂は裏磐梯方面からの長瀬川に沿って泥流の被害に遭ったそうです。
 チェックインまで時間があります から、裏磐梯に行く途中でそれぞれご案内しましょう。happy01

2012年11月20日 (火)

すでに雪山 赤埴山

201211202

【笑えなかった赤埴山】

 セルフタイマーでスマイルの努力はした・・・
 この表情で一杯一杯。

 使命を果たしたカメラは撮影後風に倒された。
 積雪は現在15cm。

201211201
山頂にて

201211204

201211203

2012年11月19日 (月)

澄んだ湖水 猪苗代湖

201211193

湖南港から屏風岩を望む

201211191

志田浜より磐梯山

201211192

2012年11月18日 (日)

冬の磐梯山登山

201211173

 これから磐梯山をめざす方へ 

 八方台登山口はゴールドラインが冬季通行止めのため自家用車で行けません。
 猪苗代登山口はじめ標高差は1,100m以上になります。
 積雪および凍結のため冬山装備での登頂をおすすめします。
 気温は氷点下10℃以下になりますのでご注意下さい。ゴーグル、軽アイゼン、冬用グローブをご持参下さい。

 登山ルートなどご不明な点は磐梯山の力までお気軽にどうぞ。
 電話 080-1818-0116  

2012年11月17日 (土)

森林の価値

201211171_2
カラマツが景観を彩る

201211172_2
カラマツ材

「うちの杉林、好きなだけ間伐して持って行って」
知人に言われたことがある。

また、あるとき林業関係者から質問されたことがある。
「大竹さん、杉の木1本の値段わかるかい?」
350円だったという。

持続可能性( sustainability)を考慮した林業を!
などとおっしゃる先生方もあるがこれが現実。

2012年11月16日 (金)

まぼろしの旅行商品

【JR東日本 新商品プレスリリース】下書き 商品名

 駅からランニング (Rail and Run)
 テーマ 江戸時代にタイムスリップしてみませんか
 区 間 猪苗代―会津若松
 往 路 JR磐越西線 32分 480円
 復路 ランニング 2時間半 0円
  速度は選べる3コース
 A.参勤交代コース
 B.白虎隊コース
 C.飛脚コース

 ショートカットコースのご案内
 旧滝沢街道と十六橋水門
 ※写真は滝沢峠そば金堀地区
           メモですのでご容赦下さい 201211161

2012年11月15日 (木)

土津神社 晩秋の悠

201211151

ゆったりとした時が流れる
きりりとした寒さも心地よし
日本の秋

2012年11月14日 (水)

連れられて行く蒸気機関車

201211141
背景は降雪の磐梯山
 鉄道マニアが集う撮影場所がここです。

2012年11月13日 (火)

五色沼で国際交流

201211132

【コンニチワが上手い】
挨拶の発音が上手である。
Nationalityはアフガニスタンとパキスタン。

晩秋の五色沼自然探勝路
日本の紅葉を楽しんでいただいた。

FacebookとiPhoneの普及率は高い。
すでに、友達の輪が広まった(^^)

201211131

2012年11月12日 (月)

猪苗代の紅葉も大詰め

201211121
悠ゆ亭にて

黄葉のしくみ
  葉緑素(クロロフィル)  黄の色素(カロチノイド) 
クロモジ、ヒトツバカエデ、ヤマグワ、イタヤカエデ、ウリハダカエデ、イチョウ、カツラ、ノリウツギなど

紅葉のしくみ
  幹に行けなくなった糖分  赤の色素(アントシアニン
ウルシ、ナナカマド、イロハモミジ、ヤマモミジなど

猪苗代や裏磐梯では
 黄色オレンジと変色していく様子が楽しめる。

2012年11月11日 (日)

まさかのアイゼン

201211105
イメージ

吾妻連峰よりは積雪が少ない磐梯山。
ところが、氷点下で踏み固められた雪が硬い。
下界からは、白い程度にしか見えないのに、
これだからわからない冬山。

軽アイゼンを余分に持っていて良かった。
「助かったー」と喜んでいただいた。
いろんなタイプがあるのでお調べ下さいね。
4本爪、6本爪など
それと、手袋はもう冬用ですよー。

2012年11月10日 (土)

Winter mountain season

201211104

標高の違いは天候の違い。
雨から雪、無風から強風。

西大巓(にしだいてん) 1981.8mに登頂下山。
そして今日は小野川不動滝のおまけ付き。
明日はいよいよ磐梯山縦走である。

201211103_2  
201211102_3
201211101

2012年11月 9日 (金)

強風の安達太良山

201211091_2
「ゴンドラが止まっている」coldsweats01
201211092
皆さん頑張りました。駐車場までの下りも楽しんでね。201211093
薬師岳から福島市一望
201211095
五葉松平
201211094
まもなく奥岳駐車場 
 *あだたら高原富士急ホテルは解体工事中。

2012年11月 8日 (木)

25メートル 時速ならよかったのに

秒速25mの風が吹く茶臼岳。
時速90kmでは宙に浮くので登山はやめた。

国内最大級の「那須高原ビジターセンター」実に立派だ。

201211081

2012年11月 7日 (水)

秋の磐梯 表と裏

201211072
猪苗代小学校より
天気予報も晴れで、朝の日差しも暖かった(表)

201211071
中瀬沼からの(裏)磐梯
日中はまさかの雨。秋の天気は本当に予想できない。

2012年11月 6日 (火)

身体のために

201211044

 ランナーはレースのたびに知る。
 上には上があることを。

 互いに練習法を聴き、敬う光景は爽やかだ。
 謙虚さがなければ自己ベスト更新はままならない。

 上位選手の共通点
 ・明るい
 ・股関節が柔らかい
 ・事故やケガの経験がある
 ・日常生活すべてがトレーニングと考える

 結果として身体が軽くなるということだ。
 磐梯山の力も軽量化を図りたい。

 「脳みそまで軽くなったりして・・・」と、冗談で言った。
 「それは、注意してね」と心配してもらった。RUN.

2012年11月 5日 (月)

晩秋のデコ平湿原から

201211051
残雪があり足元に注意したい
  
グランデコスノーリゾート 12月1日(土)オープン予定
  秋のゴンドラは終了

201211052
標高1,200m付近はカラマツの紅葉
駐車場への林道は悪路のため注意

2012年11月 4日 (日)

ゲレンデ逆走マラソン最終レース「猪苗代ミネロ」

山頂は真っ白な磐梯山
201211043

スキーではなく走って下る選手。ミネロ今年は平日もOPEN。

201211042_2
レースは小学生が大活躍で締めくくった。

201211041
静かに11位を受容する選手think

2012年11月 3日 (土)

吸い込まれブルー 弁天沼

201211031

 紅葉と青のコントラストにカメラを持つ手が並ぶhappy01

2012年11月 2日 (金)

土津神社の今

201211021

 わが家から徒歩10分の土津神社
 平日でしかも雨。それでも駐車場は満車
 寒さこらえて撮ってます(お客様)

 明日はもえるぞ神社のもみじ
 毎年、文化の日には紅く染まるmaple

2012年11月 1日 (木)

4,000キロの旅 コハクチョウ

201210313

 小型でグレーの羽の色の個体が幼鳥(子ども)。飛ぶ鳥の中で一番重いハクチョウ。実はツルよりも全長や重さがある。  

 この9kg近い巨体で北極圏のツンドラ(永久凍土)地帯から飛んで来るのだから驚きだ。その距離およそ4,000キロ。  

 繁殖地はシベリアである。子育てするためには広い湿地帯や湖沼が必要で敵が少ないためだという。短い夏にはツンドラの生物を捕食しタンパク源を摂取する。

 おとなしいイメージがあるが、繁殖のための縄張り争いは激しい。猪苗代湖畔で越冬中は静かに集団生活を送る。

22

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »