« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

秋空に響け

201309301

わが家の前でひと休み
「ドンちゃんは?」
「今、遊び行ってる」
「いいなあ~、遊びたい」
「明日から東北大会でしょ」。
猪苗代町立長瀬小学校マーチングバンド 全国大会を目指す。

201309302

2013年9月29日 (日)

国指定重要文化財旧高松宮翁島別邸 福島県迎賓館

旧高松宮翁島別邸 福島県迎賓館

201309292
夏の別邸として皇族が宿泊された建物。

201309291
お客様をもてなす松の間。

2013年9月28日 (土)

虹の達沢不動滝

201309284
撮影は2:50

201309283
崖から故意に落ちる奴数名 bearing

2013年9月27日 (金)

五色沼まもなく紅葉はじまり

201309271

ツタウルシは赤くなりはじめました。スズメバチにはご用心。

《対処例》
■黒い服は避ける。黒は襲ってくるものとみられる。ヒトを含む大型哺乳類の弱点が黒色部分であることから 
■しゃがむ。スズメバチは真下が見えないという。(落雷、強風時にも効果あり)
■急な動きはしない。手ではらったり、急に向きを変えたりしない。巣を見たら静かに後ずさりして離れる。巣から離れるほど攻撃力は落ちる。
■香りの強いガム、キャンディーは口にしない
■香水や化粧品はつけない。スズメバチ類の警報フェロモンと同じ物質が含まれている可能性がある。
■刺されたらすぐ水洗い。ショック症状は数秒後に出る。あわてない!
■すぐ病院に行く。

2013年9月26日 (木)

「あそこにバスクリンが入ってる」

201309262
雨天の後は、青白い。バスロマンを感じる。

201309261
うつむき加減なのは課題の「五色沼ビンゴゲーム」をやっているからである。

2013年9月25日 (水)

標高1,500m さあ戻りましょう

201309252
レーダーに表れない山上の霧雨。
秋山の天気は体温を一気に低下させる。

201309251
また来ますね。

2013年9月24日 (火)

標高差1,200m

201309242
国立磐梯青少年交流の家からの往復。
上級者コースにチャレンジ。

地域のみなさんにお世話になりました。
本当にありがとうございました。

201309241

なぜ山に登るのか

大人になると辛いことをやらなくなるから。
いつか、自分の意志で登って欲しい。

2013年9月23日 (月)

寒さ到来 気温5℃

201309231
わかりにくいが、一切経山山頂摂氏5℃。
今日の浄土平は9℃

201309232
鎌沼は紅葉はじまり

201309233

2013年9月22日 (日)

慕われるということ

201309221
ヌスビトハギ、キンミズヒキ、ミズヒキの花 happy01

2013年9月21日 (土)

秋を楽しむ

201309211
弁天沼で青と蒼の色合いを楽しむ。

201309212
カツラの香を楽しむ。

2013年9月20日 (金)

赤面山(あかづらやま)

201309201
赤面山山頂にて後方に旭岳(赤崩山)
スキー場跡からの標高差600m磐梯山八方台と同じだ。

2
福島県から那須の山々を眺めるのもよし。



2013年9月19日 (木)

なんでこんな色してんですか?

201309191

水は透明なのに青く見える不思議
「火山にある水たまりは青い光が強く見えることがあるんだよ」

201309192

2013年9月18日 (水)

日本の美 五色沼

201309181
磐梯山とるり沼そして松、楓、柳との調和が映える。

201309183
神秘的な青沼

2013年9月17日 (火)

保護色

201309171

2人いる。わかるでしょうか?写真中央部右に緑のウェアで1人。

まわりに紛れる・同化する色
戦闘またはハンティング、鳥獣撮影なら迷彩色など

目立つ色
動物に襲われたくない、海外旅行や有名観光地への旅行

ウェアのカラーリングはとても大切なのですhappy01

2013年9月16日 (月)

磐梯山の植生遷移

201309146
爆裂火口周辺の緑化が進んでいる。
上から眺めると裸地の範囲が狭まっているのがわかる。

201309145
「以前は荒れ地だったのに・・・」10年で景観は変わるのだ。
思い込みで道迷いが起きないことを願う。

2013年9月15日 (日)

磐梯山 火山を味わう周遊コース

201309141500
裏磐梯スキー場(900m)スタート・ゴール 標高差900m

活火山を実感できる磐梯山上級者コースだ。
ルートが不明瞭な箇所もあるので注意して楽しみたい。
参考フェイスブックページ【裏磐梯ルート 火口原 コース案内】

201309144
                              銅沼

2013年9月14日 (土)

磐梯山 火口壁・川上ルート

201309142
景観の良さは磐梯山随一だ。ただし、上りも下りも上級者向け。

201309141
登山道からそれた沢筋。自然の脅威を実感する。

201309143
後方が猪苗代方面分岐

2013年9月13日 (金)

野生の王国 ただいまピンクに

201309131

コスモスのピンクが鮮やかになった。
ツキノワグマ、ニホンカモシカ、キツネ、ウサギ・・・
リゾートに居るので旅行に行かないhappy01

2013年9月12日 (木)

秋山の気温

201309121
下界は30℃を超えてるという。ここの気温は13℃
雨具装着の蒸れで汗をかいたうえでこの寒さ。
他校含めて計7クラスが弘法清水から折り返した。
君たちはまだ12歳。山は逃げないhappy01

201309122
合言葉は「おーい、斜めってるぞー!」

2013年9月11日 (水)

子どもたちにヘッドランプを 防災・防犯のために

2010111913

 1日の半分は闇。そして、天災は忘れた頃にやってくる。

 夕暮れが早くなるこの季節、こどもたちにもヘッドランプを持たせたい。

 登山の必需品である。予備のバッテリー・乾電池も忘れずに。

2013年9月10日 (火)

飲んだ水の量4リットル

2013090923jpg

65kmラン&ウオークの場合
9日の食事 最高気温26℃
朝食 4:30 ごはん一膳、納豆
     6:00 アミノバイタルゼリー
    7:00 おにぎり
     8:00 ビスケット
    9:00 惣菜パン
    10:00 ビスケット
        11:30 弁当
      14:00 アミノバイタルゼリー

水分は4リットル摂取(足りなかった)
食べなければ走れない
     後半は食べたけれども歩けない・・・

登山での水分・栄養補給の大切さを痛感した。
自分でエイドステーションを持参するしかない。

2013年9月 9日 (月)

ひとりウルトラ

201309092
涼しい朝にスタートしたが、65kmは長かった。
肉体疲労がウルトラ級

201309091
後半はほとんど歩いてしまった。トップアスリートたちは鉄人だ。

2013年9月 8日 (日)

かかとの痛みはこれで良くなる

1

足の指を甲側に反らせる足底腱膜のストレッチ。 つっぱっている足底腱膜を緩めれば痛みが和らぐ。 おすすめサイト足底腱膜炎

Photo
マラソン、サッカーなどの選手もかかりやすい。筋肉、関節の柔軟性は大切だ。

2013年9月 7日 (土)

初めての磐梯登山

201309072

201309074

201309071

本日は雨も心配なので弘法清水小屋まで。
のんびりゆっくり5時間登山でしたhappy01

2013年9月 6日 (金)

さわって感じる五色沼

201309063201309061 201309062
パワーストーンに願いを込めて。先生もhappy01

2013年9月 5日 (木)

朝の電話

201309051

5日 6:04 校長先生と互いの携帯で通話。       
       情報交換
           ・現在少雨 昼頃雨量が増す予報
           ・雷注意報継続中
           ・夜半の大雨により登山道の状況悪化
   6:06 登山中止の決定。
       
       スケジュールの変更に伴い、こどもたちや保
       護者への説得。関係機関への変更手配、収
       支精算などの行動に移る。

        誰かがどこかで決めねばならぬ。

       
       

2013年9月 4日 (水)

雨風を凌いで

201309041
食べれば登れる happy01

201309042

「非常時の行動食を食べてもいいですよ」と先生

「もう全部食べちゃってありません」 catface

2013年9月 3日 (火)

ちいるい

201309022

『地衣類』 聞きなれない言葉だ。
コケのように見えるが、菌類と藻類の共生体(合体?)らしい。

ブナやホオノキの樹皮の模様に見えるのも地衣類。
サクラやウメの 幹に見られる、ひらひらのウメノキゴケ(コケの名があるのに)は身近で見られる。

シダでもコケでもない植物 『地衣類』 日本に1,000種ほどある。

2013年9月 2日 (月)

草刈りはお掃除だ

201309021

 夏は登山道もこの状況になる。山野の草刈りや藪刈りは本当に重労働である。対価は支払われるべき作業だ。

 なぜやらなければならないか?

・鳥獣害対策 人がいるぞと認識させる。
・病虫害対策 ダニ・ヒルは草葉の裏に潜んでいる。
・道迷い対策 植物の成長は早く、すぐに荒れ地になる。

 草刈りは公衆衛生に関わる大事な作業。予算は必要だ。
 掃除をしないような観光地や田園に人は来るはずもない。

2013年9月 1日 (日)

今日から9月

201309011
弁天沼と西吾妻山

201309012
青沼

五色沼自然探勝路は、まだ蚊が飛んでいます。
虫除けをご利用下さい。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »