« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

飲んで食べて登る

201402262
息が苦しくなる登り。上がらなくなった太腿も、ゼリー飲料を
摂るだけで回復する。本当に人体は面白い。

2014年2月27日 (木)

あらためて宝だと思う

201402263

東尾根から磐梯山東壁と沼ノ平を望む。
世界で一番ここがいい。

2014年2月26日 (水)

磐梯山山頂直下からの滑降

201402262
爽やかなボーダーたちもハイクアップ

201402264_2
ここが噂の東尾根

201402261
もちろん未圧雪の不整地

201402265
標高差900mを雪崩とともに滑走する
あぶない大人の遊びである

2014年2月25日 (火)

すでに滑っている

201402251

猪苗代スキー場のホットワックスは500円で効果絶大!
自分の人生にもワックスをかけたい。

2014年2月24日 (月)

わたしは木の葉

201402241_2
なぜ、みんなと同じようなところで停まっているか?
それは、疲れるところが同じだからだ。

「ザザザッ、DOS。フー」 Repeat..
.近くの青少年たちに「すみません」を10回は言った。
でもこれが本当の総合滑降なのだ。

2014年2月23日 (日)

雪の森で遊ぶ

201402231

雪合戦、雪玉的当て、テーブル作りの後は・・・
なんとチーズフォンデュのランチだった。

2014年2月22日 (土)

嬉しいおたより

1

スキー学習はスキーだけではないのだなと思った。
「リスが見たかったです」というものも会った。
出会える喜びをいつか味わって欲しい。

2014年2月21日 (金)

はじめてのスノーボード

201402211

昨日から、長男の道具ではじめたスノーボード
できない悔しさとターンができた喜びを味わう

2014年2月20日 (木)

沼尻から見る山々

201402202
安達太良連峰

201402201
白糸の滝

201402203
吾妻連峰

2014年2月19日 (水)

日常のスノーシュー

201402193
わが家ではサンダルを履くようなもの。
車に積んであるので、すぐに森の中を歩ける。

201402192_2
豪雪被害の地域の方々にスノーシューがあればなあと思う。

2014年2月18日 (火)

練習するならミネロ第4

201402181
美しく輝く、新雪で覆われた硬いバーン。

【翔んだカップル】

 「見えないわね、ここ大丈夫?」
 すでにリフトの上だし。
 「コブとかないわよね」

 見えないだけである。
 ああ、合掌。

2014年2月17日 (月)

特設ランニングコース

201402171
除雪された歩道は安全で走りやすい。 野球部の生徒たちも走る。

2014年2月16日 (日)

吹雪はまた来る

201402161

 昨日の東の風が今日は西。15日「道の駅つちゆ」周辺では、雪で動けなくなった車100台が立ち往生し自衛隊の災害派遣があった。

 忘れた頃にまた来る吹雪、雛祭りや春分の日前後に注意しよう。

2014年2月15日 (土)

身の危険を感じる

201402151

猪苗代町内は移動すらできない状況だ。
安全は何よりも優先される。
吹雪による事故が起きないことを願う。    

2014年2月14日 (金)

スキーの運転

201402141

レッスンの時「ゲレンデは道路だ」と教える。
写真右方からの下りは事故が起きやすい場所だ。
見通しの悪いインコースを避け、大回りすると良い。

「免許をとるときにも大事だよ」とも伝える。
自転車に乗る彼らは、納得して事故防止を覚える。

2014年2月13日 (木)

また来ます

201402131

今度は家族でこのスキー場に来ます。

2014年2月12日 (水)

パートナー

201402121

仲間と楽しめるスノースポーツ。
気の合う二人なら、なおさらだろう happy01

「あなたにスキーを習ったことがないわ」
わたしはそれを先日知った。
今更間に合わないだろう。
家族は大切にしたい。

2014年2月11日 (火)

まもなくお別れ

201402112

自然観察系男子たちよ!
元気でな。
別れ際には握手をする。

2014年2月10日 (月)

スキーは冬山のつもりで

201402102

寒さと緊張状態の連続で水分や糖分が欠乏する。
あめ玉1個で体力は回復する。

2014年2月 9日 (日)

平野部の雪

201402091
猪苗代リゾートスキー場から見る会津盆地。
山麓の降雪は微々たるもの、平野部に必要ない積雪は60cm。


2014年2月 8日 (土)

冬も無料です

201402081

磐梯山ゴールドラインにて。ウサギしかいないし coldsweats01

2014年2月 7日 (金)

子どもたちが数千人

201402071
バスバスバスバス、人人人人。
子どもたちのスキー教室で来場。
大切なのは今、大人はスキーを始めない。

2014年2月 6日 (木)

悪条件下

201402061

震えるほどの厳寒の日。カリカリバーンで止まらない。
これで滑れたら好条件下は愉快になるhappy01
子どもらの「滑りたい」という気持ちを大切にしたい。

2014年2月 5日 (水)

今季最強レベル

201402051

本当の寒さがやって来た。
撮影時、手袋の中が凍っていたのだ。
震撼の厳冬スキー。

2014年2月 4日 (火)

温めるのは

201401284

寒い時には頭、手先、足先を温めると思う。
その時に、首、手首、足首も一緒に温めて欲しい。
太い血管から放熱しないようにするためだ。

冷えは力を消耗する。立春の今の時期は体調を崩しがち。
いまさらだが、今季最強レベルの寒気が来るという。
暖をとって過ごしたい。

2014年2月 3日 (月)

気分はトップスラローマー

201402031

隣りのゲレンデではインターハイが行われている。
ぼくらも負けていられない。

2014年2月 2日 (日)

探す宝は雪の中

201402021

装備はクロスカントリースキーでストック無し。
雪上での熾烈な闘いが繰り広げられる。
本物のホワイトボックスはどれだ?

2014年2月 1日 (土)

クロスカントリースキーのご感想は

201402011
こんなにハードとは・・・ とお父さん

201402012
「もっと、ハートを作りたかった」

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »