« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

一般登山者転落

201405302

30日午後2時頃磐梯山中腹で50代男性が登山道からおよそ5m下の笹ヤブに滑落。自力で上がろうとしたが、急斜面のため身体が横転する状況。その場で静止するよう声をかけ降下、要救助者に接触し登攀補助。ケガはなし。

片手にペットボトルを持ち、下りの段差でバランスを崩したことが原因。事故が起きやすい時間帯でもある。

2014年5月30日 (金)

spare

201405301

先生は「予備の靴を持って来るように」と話したはず。
新調した靴一足だけで来る生徒が必ずいる。bearing

2014年5月29日 (木)

恩師のことば

201405291

 「君は荒削りなところがあるが期待してるよ」
  先生、わたしはもう50で原石のまんまです。

2014年5月28日 (水)

田園風景

201405281

ポカポカ陽気で眠くなる。本当にのどかだ。

2014年5月27日 (火)

水田のむこうに磐梯山

201405271

6月からほぼ毎日通勤になる。
かろうじて週休二日制か。

Photo

2014年5月26日 (月)

あれは何ですか?

201405263
ただの岩です。ここが山頂です。君たちは危なすぎです。

201405262
峰の辻方面

201405261
思い出に残る雪渓 happy02

2014年5月25日 (日)

クマが棲む山

201405251
ブナの森には、爪痕や糞、食痕が残る

201405252
クマは渓流に潜む

2014年5月24日 (土)

ふくしまの空から

中央下が一切経山五色沼
雪残る尾根が吾妻連峰
左上に磐梯山爆裂火口

Dsc01755_a_2
Photo Mrs. Saito was taken on May 20, 2014.

青と緑の五色沼自然探勝路

201405241
弁天沼

201405242
毘沙門沼から明日山開きの磐梯山

2014年5月23日 (金)

だからね

201305231
君たちは子グマか?
それでも、雪の上は楽しかったらしい。

2014年5月22日 (木)

先生との天候判断

201405222
2014‎年‎5‎月‎22‎日‏‎9:19

写真左側は降雨が確認できる。標高900mより上も雨。
今朝7:06の天候判断で160名の磐梯登山は明日に順延。

熱意ある先生とのやりとりは一週間前から6回以上におよぶ。
子どもたちの人生を左右する電話である。

2014年5月21日 (水)

これではブナがかわいそうだ 国有林無許可伐採

201405211
21日福島民友新聞

201405221
22日福島民友新聞 続報

雄国3林道オーバーユース対策 シャトルバス運行のお知らせ2014年版 Photo


2014年5月20日 (火)

タワーの奥の田んぼは

201405201
洪水のようにも見える。

201405202
田植えの季節。

201405115

2014年5月19日 (月)

国立磐梯青少年交流の家から磐梯山山頂

201405192
標高差1,200mの達成感 20.30.40.50代が勢揃いhappy01

201405191
歓びのあまり、地に足がついていないようだ。 

2014年5月18日 (日)

山歩き基礎講座 第1回 残雪の浄土平・吾妻小富士

201405181
到着時の気温3℃午前中は後方の小富士を一周

201405182
余裕があるようにお見受けします。

2014年5月17日 (土)

春の山 寒さは我慢できない

201405162

道がない→地図とコンパスが必要→読めない・・・
引き返せばいいのですが、踏み跡は雪が溶けて消えます。

晴れて暖かければなんとかなるでしょう。
これが、雨で濡れて視界が悪いとなると大変です。

登山の荷物は重いものです。
雨具、ヘッドランプ、手袋など忘れずに。

2014年5月16日 (金)

安達太良山 峰の辻残雪

201405161

風が強く動けないでいる状態。
この後、雷雨のち雹(ひょう)フルコースメニュー。
稜線まで150mのところで撤退。冬山なみの厳しさだった。

2014年5月15日 (木)

ごちそうは

201405151

約4kmの五色沼自然探勝路のゴール。お腹はペコペコだろう。
「バーベキューがいいな」「バイキングが良かった」などの声。
いや、家で作ってもらったお弁当が一番のはずだ。

2014年5月14日 (水)

開眼 一切経山 魔女の瞳

201405141

現地は風速20m。やはり簡単には出会えない。

2014年5月13日 (火)

近所のツキノワグマ

201405033_2

鶏を狙うツキノワグマで一躍注目の猪苗代町ですが、現場は近所です。あんなに山から離れているいるのにどうやってたどり着くのでしょう。実は、川沿いを暗い時に移動しています。会いたくないですね。

山でクマに遭わないために

 1.1人で行動しない。
 2.熊鈴やホイッスルを鳴らす。
 3.川沿いや暗がりを避ける。
 4.6月前後は特に注意。
  タケノコ時期とクマの繁殖期が重なる

もしも襲われたら

両手で首の後ろをガードし四つん這いになる。
ザックが背中を守ってくれるはずです。
命を落とさず、ケガですみますように。

熊スプレーは、とっさの時は間に合わないので持ちません。

2014年5月12日 (月)

「てっ」

201405121

「むやみに木の棒を振り回しているようですが、握っていたのはウルシの可能性もあります。皮膚炎になるのが心配な人は見てあげるから手を出しなさい」
わたしはこう言っただけである。

201405123
こちらはパワーストーン。今日も人気スポットだ。

2014年5月11日 (日)

猪苗代湖一周ウォーキング同窓会

201405111
鬼沼 ここに幸あり 

201405113
湖南港 ここにも幸あり 

2014年5月10日 (土)

弁天沼での会話

201405101
写真は女子。中学1年生はさすが行動が大人である。

男子はというと・・・
「力さん、ぼく名前覚えました」
なぜか今日はチカラサンである。

「趣味は何ですか?」
「マラソンだね。ランニングは楽しいよね」
「あの、じゃあ好きなテレビは何ですか?」
「クローズアップ現代。あの番組はいいね」
なぜかその男児はわたしから離れて行った。

2014年5月 9日 (金)

枝の跳ね上がりに注意

201405084

 残雪期に木のそばを通過する時、雪中から木の枝が跳ね上がることがある。
 そのほとんどはきっかけが自分の踏み込みだ。この威力がすごい。8日の磐梯山ではこの跳ね上がりでわたしの帽子とメガネが3メートル吹き飛んだ。突然のビンタに何が起きたかわからなかった。ご注意を。

2014年5月 8日 (木)

残雪の磐梯山 猪苗代登山口

201405081
赤埴山山頂より 残雪が磐梯山を勇姿に仕立てる

201405082
沼ノ平  この辺りから積雪が多くなる

201405083
あぶないマイゲレンデski

2014年5月 7日 (水)

新緑前の五色沼

201405071
毘沙門沼 朝8時過ぎからバスが到着

201405072
弁天沼 沼の色は空より青い
201405073
青沼 ウカミカマゴケのマットが見える

2014年5月 6日 (火)

雪と桜の素敵なレース

201405061
ゲレンデ逆走マラソン2014
たくさんの応援ありがとうございました。10km男子完走112位でした。

2014年5月 5日 (月)

リステルのツリーアドベンチャー

201405052
身長110cm以上から申込できます。さあ、チャレンジ!
ツリーアドベンチャー

201405051

2014年5月 4日 (日)

4日5日 リステル あおぞら!マルシェ

201405041

大盛況開催中 5/4(日)・5/5(月)10:00~16:00
猪苗代湖の雫カレイドスコープ体験は10:00~13:00
『あおぞら!マルシェ』

2014年5月 3日 (土)

上空から眺める観音寺川の桜

201405031
ピンクの桜ロードがくっきりと見える

201405032
こちらは自生のオオヤマザクラ

2014年5月 2日 (金)

気になっていたカレイドスコープ

201404291

お客様が少ない時間に取材を兼ねてタイケーン shine
ありがとうございました。紹介記事はこちらです。
5/3.4.5皆様のお越しをお待ちしております。

2014年5月 1日 (木)

1日満開 観音寺川の桜

201405011
そろそろ桜吹雪が見られます。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »