« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

小3に値する内容で

201408302

良い質問だった。
「タケちゃん、何でこの石軽いの?」
「石が冷えて固まるときに中に空気の隙間ができるんだよ」

「じゃあ、これは何で色は白っぽいの?」
「灰色っぽい安山岩が多いんだ。安産祈願じゃないよ」
磐梯山、雨で滑る下り。小3の反応は薄い。

2014年8月30日 (土)

お家のひとは写ってる

201408301

3年生のみんなぁ!大丈夫か?
来年は富士登山だという。この子たちは大丈夫です。

2014年8月29日 (金)

そう、し・ず・か・に・ね

201408291

大人気!トンボの催眠術。
「寝てるよ寝てる。おお、起きたぁ」。

2014年8月28日 (木)

弁天沼の取り持つ縁

201408282

五色沼で仲良くなり、旅友だちになる方は多い。

201408281

2014年8月27日 (水)

雨天の登山

どうすれば楽しくなるのでしょうか?

高機能レインウェアを着て、高機能登山靴を履き、濡れたら着替えて、温かい飲み物を飲み、美味し いものを食べ、こまめに山小屋で休憩をとる。そして、ゆっくり滑らないように歩くことです。

そうです、全てクリアは無理ですね。
雨の日は辛いです。ただ、思い出にはなります。
だから、山頂からの眺めに値をつけられないのです。

201407193

2014年8月26日 (火)

ガイドが先頭を歩く理由

201408062

1.コース上の危険箇所を察知するため。時には身を挺して後続者を守ることもある。
2.歩き方のペース配分。疲労が残らないようにするためなど。

いずれも、登山者の安全を考慮しての事なのだが自分のペースで行動する方もあるのが現状だ。

子どもたちならまだしも団体のカメラマンや大手旅行社の添乗員がガイド脇をチョロチョロと行ったり来たりするケースがある。

言わずもがなお客様は離れていくし、事故が起きた時にお客様の過失が問われる事になりかねない。命がけでお客様をガイドしていることをわかって欲しい。

2014年8月25日 (月)

濃霧強風時危険と地図にある

201408242

船大明神にて
登山者のみなさんの安全祈願を終えて。
ここも普通に登山道。

2014年8月24日 (日)

安達太良連峰和尚山

201408241

ここは銚子ケ滝上流部。
今日の渡渉は増水しなくてよかった。普通に登山道です。

2014年8月23日 (土)

青か緑か はたまた黄金か

201408232

登山中のこどもたちは秘密の話が好きだ。
好きな人の話で盛り上がり、わたしまでもが聞かれた。
「隣の芝生は青く見えるものなんだ」と答えた。
おとなの答えに、子供らはいなくなった。まもなく秋。   

2014年8月22日 (金)

四季の魅力を伝える

201408221

暑い時期には、紅葉の錦や白銀の美をご案内する。
実は地元ガイドが好むのは新緑の季節だ。

2014年8月21日 (木)

真剣な眼差し

201408211

見つめる先にはタケちゃんの自宅。
せがまれたので「あの5階建てだよ」と教えた。
「けっこうリッチなんだ」と誤解する。
健全な良い子たちだ。

2014年8月20日 (水)

熱中症対策 水だけ飲んでもすぐに汗 (*_*;

201408192

 夏の登山はつらい。無理せず山を楽しみたい。
 熱中症の怖さはその場で症状が現れなくても翌朝にけいれんを起こすことだ。そうならないための登山時の休憩のとり方を考えたい。

暑い日はこうしてみよう!
one 休憩は時間でとる。「あそこに行ってから」ではなく30分ごとにとる。 (急斜面なら15分)
two ザックをおろし背中を伸ばし深呼吸。(筋肉を弛める)
three 帽子、手袋、首のタオルを取り熱を発散させる。(寒い時の逆)日焼け防止は忘れずに
four 水分は一口ずつ噛んで飲む。(代謝が高まる)
  最低でも水500cc+スポーツドリンク500ccを交互に飲む。
five 食べたくなくても補助食品を食べる。(病院と同じ)
six 太ることを気にしない。(目的は熱中症対策と夏バテ防止)

この休憩で、また shoe 歩けるようになる。ぜひお試しを happy01

過去にあった登山中の症状例 (いずれも他の登山パーティ)

・お花畑付近で吐き気と鼻血の症状の12歳女子。虫対策のため長袖のジャージ姿。リュックは飲料水と着替えなどで5kgもあった。
 対策→上着を脱がせ、菓子類などを食べさせる(カロリー不足)

・弘法清水付近、めまいでしゃがみ込んでしまった高齢女性。水分は摂っていたが、お茶だけ。利尿作用が働き、すぐに発汗してしまったようだ。
 対策→スポーツドリンクで、(Na+)、 (K+)、 (Ca2+)、 (Mg2+)などの電解質を摂る。

 めんどうになった時点で体調は崩れるので注意したい。

2014年8月19日 (火)

ここまでは良かった

201408191

炎天下の標高差1,200mは、ジャブのように身体を傷めつけた。
脱水症状、食欲不振、関節痛、痙攣など・・・
生涯忘れられぬ磐梯登山に乾杯。

2014年8月18日 (月)

山岳事故に遭わないために

201408161

飯豊連峰での死亡事故は2014年すでに3人目。山岳事故の8割は
下りで起きる。finish直前こそ要注意だ。

もう少し、あと少しのところで休憩を。同行者とは決して離れず声を
かけ合って欲しい。

岩稜やガレ場でのダブルストックは危険!手を使い体をかがめて
一歩ずつ下りよう。動物 たちはトレッキングポールを使わない。

2014年8月17日 (日)

子供会はカレイドスコープ

201408172
やはり、お母さんが夢中になる happy01

201408173

201408171
気になりだしたら止まらない Kaleidoscope.
                          出張体験承ります。

2014年8月16日 (土)

ピットインの大切さ

201408161

強雨のガイドツアー。雨宿りは人をホッとさせる。
屋根の下で体調をチェックしながら水分・栄養を補給。
このPIT INで次の行程をお客様と共有しまたスタートする。
さて、この先どうなるか。笑顔で話し続けるのがガイドの務めだ。

2014年8月15日 (金)

裏磐梯 桧原湖 お食事・おみやげ むらびと

201408142

お食事・おみやげ むらびと
オショクジオミヤゲムラビト

TEL:0241-32-3072

住所:耶麻郡北塩原村桧原字湯平山1171-19
    裏磐梯高原駅バスのりばとなり

バスの乗務員さんたちはここ「むらびと」で食事をする。
おすすめはむらびとラーメンnoodle

2014年8月14日 (木)

沼の名前は

201408141

「わお沼」らしい。ここに来ればみな「ワオ」と叫ぶ。

2014年8月13日 (水)

裏磐梯高原駅の今

201408131

この行列は五色沼入口⇔裏磐梯高原駅の臨時バス待合の様子。森のくまさんも人気だが、シャトルバスにはかなわない。

2014年8月12日 (火)

遊びは別腹

201408121

今朝からすでに10km歩いていても。
「タケちゃん、水切りしてもいい?」

レクレーション公園に行けば
「遊具で遊んでいい?」

2014年8月11日 (月)

猪苗代湖半周の道のり

201408111

楽しみは食事と休憩だ。
足は本当に棒になることをはじめて知るhappy01

2014年8月10日 (日)

落雷事故を避ける

080824
山の中で落雷を避けるには・・・

○山頂や尾根(稜線)を避けて、窪地に避難。
○傘をささない、手を上げない。
○金属は雷を誘導しない。

高めの木があったら4m以上離れてそこで屈む。

Sokugeki_2

おすすめサイト 雷なんでもサイト
東京電力        福島県落雷情報

2014年8月 9日 (土)

11号はMサイズなのだろうか?

201408092

今、とても静かだ。 畑にも水分を、人には休養を。

2014年8月 8日 (金)

磐梯山でパラグライダー

201408081

良い風との出会いがあれば、生まれて初めて空を飛べる。

猪苗代パラグライダースクール

2014年8月 7日 (木)

家族でツリーアドベンチャー

201408073
リステルパークツリーアドベンチャー
憧れのオレンジコースに新アイテム追加!
ますます難易度アップ bearing

どなたでも必死の形相になれます(^_^)v
お父さんが励ます御家庭。励まされる御家庭いろいろですね。

201408074
「お兄ちゃーん。僕もやりたい」。

2014年8月 6日 (水)

磐梯明神伝説

201408061

足長手長、ここに眠る。
山頂で時々話をする。
「君の足下9.6mに壺が埋められているんだ」

「四方に貼られた御札で呪縛されているらしい」
「タケちゃん。X線透視はできないのか?」
「自然界のたたりは想像を絶する・・・」crying

201408062

2014年8月 5日 (火)

涙を誘うひとこと

201408051

彼はポツリとつぶやいた。
「お父さんとお母さんに見せたい」
感無量にてガイドは撃沈 (;_;)

2014年8月 4日 (月)

ぼくらの明日

201408041

「なあ、おれたち今日どこに泊まるの?」
「わかんない」と皆が言う。
あのネ、 しおりを見なさい。

201408042

登山者に「どこから来たの?」と聞かれれば
「ぼくたち15泊16日です」

2014年8月 3日 (日)

こっちの水は酸っぱいぞ 硫黄川

201408023

安達太良山の旧硫黄鉱山が源泉になる温泉の川

2014年8月 2日 (土)

夏休みといえば

201408021

鼻に水入りました。
身体が震えてカクカクします。

201408022

2014年8月 1日 (金)

難しいから面白い

201408011

川の流れに身をまかせ・・・
人生同様ままならない。
リバーランニング・カヤック。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »