« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

火の神も笑顔

201607311

キャンプファイヤーの醍醐味は火わすらだろう。
こんな遊びは体験できない。

この後のご褒美は「マシュマロ焼き」
夏休みは始まったばかり
もっと、思い出作りの手伝いをしたい。

燃えろよ燃えろよ 炎よ燃えろ
火の粉をまき上げ 天まで焦がせ

2016年7月30日 (土)

梅雨明けの空

I201607301

湖上の照り返しは眩しい
暑くなったら水に手をつけよう
風もヒンヤリ気持ち良い。



2016年7月29日 (金)

シャクジョウソウ

13767416_1057916327629156_243330988

初めて見た腐生植物
カビやキノコを食べて生きる
裏磐梯雄子沢にて(2016.7.5)

2016年7月28日 (木)

ぼくらの道のり

201607281

雄子沢から金沢峠まで標高差はおよそ300m
「往復の距離はなんと10㎞です。お家の人に自慢しよう」
嬉しかったのか、その辺りをグルグル駆け回っていた。

2016年7月27日 (水)

嵐の前のひととき

201607271

本日の延べ人数は200人
中学生たちの声
「楽しい、まだ帰りたくないっす」

わたしは思わず言ってしまった。
「俺なんか朝から5回目だぜ」
「いいなあ~羨ましいです」
 ありがとう……

2016年7月26日 (火)

夏のパッキング

201607252_2

①昼食 プラスチック製ケースに調理パン2種
  型崩れ防止とパッキング整形になる。
②凍結水道水 細身ボトルが入りやすい
  2本目はケースとタオルにくるみ午後用。
③携帯座布団
④虫刺され用薬、ティッシュ、小物類
  透明プラケースで探しやすく防水性。
⑤日焼け止め、虫よけスプレー、手袋、雨具
  ジップロックに入れコンビニ袋は使わない。

お問い合わせが多いザックと装備例です
5時間程度のハイキングを想定しています。
ご質問・ご意見お待ちしております。

2016年7月25日 (月)

2016年7月25日 雄国沼湿原

201607251

湿原にはもちろんニッコウキスゲは見当たらない
青紫色のコバギボウシが目立つ。

2016年7月24日 (日)

出た出たツキが

201607241

24日4:23 犬の吼え方が違っていた。集落内2箇所から聞こえる。
西側の長瀬川から川桁山に戻ろうとしていたらしい。

日中、猟師さんから話を聞いた。
飼い犬でもツキノワグマの匂いを覚えると人に知らせるという。
電気柵の効果もあり農作物の被害もない。
クマよ山へ帰れ。

2016年7月23日 (土)

キャンプファイヤーの歌

201406275

「遠き山に日は落ちて」
 遠き山に日は落ちて 星は空をちりばめぬ
 今日のわざをなしおえて 心かろくやすらえば
 風はすずしこのゆうべ いざや楽しまどいせん
 *わざ(業)仕事のこと まどいせん(円居)丸く集まろう

「燃えろよ 燃えろ」
1もえろよ もえろよ ほのおよもえろ
 火の粉をまきあげ 天までこがせ
2てらせよ てらせよ まひるのごとく
 ほのおよ うずまき やみ夜をてらせ
3もえろよ てらせよ 明るくあつく
 光と熱とのもとなる ほのお

「ふるさと」
 うさぎ追いしかの山
 小ぶなつりしかの川
 夢は今もめぐりて
 忘れがたきふるさと

「今日の日はさようなら」
1いつまでもたえることなく 友だちでいよう
 明日の日を夢見て 希望の道を
2空をとぶ鳥のように 自由に生きる
 今日の日はさようなら また会う日まで

「キャンプファイヤーの歌.pdf」をダウンロード

2016年7月22日 (金)

ここでお昼にしよう

201607221

磐梯山噴火から128年、緑が目立つようになった。
この崖の位置、震災前はもっと後ろだったはずだ。

2016年7月21日 (木)

ツキノワグマの好物

1

近くの小屋の扉が破壊され機械油が舐められていた。
クマはトルエンのような揮発性の匂いが好きである。好物の米糠に似ているからだ。

実は、シンナー、ペンキ、ガソリンをぺろぺろ舐める。草刈機やチェーンソーなどの燃料タンク
はボロボロにされ運ばれてしまうこともある。自分の好物には執着するので保管場所にも注意したい。

2016年7月20日 (水)

お母さんたちはね

201607201_4

今日も忙しいのよ……
でもここは日本遺産の猪苗代湖キャンプ場
無料ですから家計にエコです。

2016年7月19日 (火)

黄緑色の田んぼ

Simg_4834

光の向きや加減で見た目の色が変化する
パステルカラーが目に優しい。

2016年7月18日 (月)

ここで差がつく

201607181

興味が持てれば聞く気になる
陸でできねば湖上でできぬ。
水上の恐怖、濡れる心配、寒さが障害になる。

2016年7月17日 (日)

クマの個体差

201510221
2015年10月21日13:27厩岳山にて距離20メートル
わたしを見ながら木の実を食べ続けるツキノワグマ

この餌は俺様の物という執着が怖い
人と同じで危ない奴はアブナイのです。

山でクマに遭わないために

決して1人で行動しない。
手をたたき、ホイッスルを鳴らす。
川沿いや暗がりを避ける。
6月前後は特に注意。
タケノコ時期とクマの繁殖期が重なる
11月の冬眠前も危険

もしも襲われたら

両手で首の後ろをガードし四つん這いになる。
ザックが背中を守ってくれるはず。
熊スプレーは、とっさの時はレンジャーでも間に合わない。

2016年7月16日 (土)

小野川湖カヌー

201607161

初々しくスタート
みなさんすぐに慣れますよ。


2016年7月15日 (金)

登山について 中学生の質問

201607122

山に楽に登る方法はありますか?
スズメバチはいますか?
登山中に噴火したらどうすればいいですか?
大竹さんの好きなおにぎりの具は何ですか?
なぜ他の山に登りたいと思わないのですか?
山の下り方はありますか?
大竹さんの登山の楽しさは何ですか?
カミナリが苦手ですどうしたらいいでしょうか?
クマと仲良くなる方法はありますか?
危ないのにどうして雪山に登るんですか?
動物に会うにはどうすればいいですか?

これら全てに答えるのが楽しい。

2016年7月14日 (木)

湖上の思い出

201607102

同級会だろうか
いくつになっても遊覧船は楽しい
船からの眺めは歳とともに変わる。

2016年7月13日 (水)

初公開写真

2013111401

2013年11月14日12:28撮影の画像
手前の足跡を見て欲しい
ツキノワグマが歩いた跡である。

南側は確認しに行ったわたしのもの
衝撃的だった。
ヤツのことはわからない。

2016年7月12日 (火)

真っ直ぐでなくてもいい

201607121

自然界に直線はないのだから。

2016年7月11日 (月)

昼の憩い

201607023

昼寝や読書におすすめの場所
秋元湖の奥には箕輪山が見える。

2016年7月10日 (日)

別れてから15帰路

201607101

わたしが作った弁当を手渡し別れを告げる
会津レクリエーション公園から自宅まで戻るのだ
英世の母シカが歩いた道は長かった。

2016年7月 9日 (土)

雨のフルマラソン

201607091

交通規制せず、砂利道あり、制限時間8時間と、とても魅力的な大会。
走る姿を見るだけでも嬉しくなる。

2016年7月 8日 (金)

○○のコツありマス

1

「下りのコツありますか?」お客様からの質問で一番多いのがこれです。
実は下りも上りと同じくらい時間がかかります。以下、参考になれば幸いです。

・下りの準備
まず、靴紐を締め直し足首・踵をホールドします
つま先を空けることで足先の痛み予防にもなるのです
そして、手袋。転んでも怖くないように。

・歩き方
姿勢は少し前かがみになり手を使います
歩幅を小さく、一歩ずつ止まるように
必ず前の人と間隔を開けましょう
踵から着地しないことが重要ですね。

・山では謙虚に低姿勢
全ての関節を曲げ、屈みこむように腰を低くします
お腹を凹まし腹筋を意識しましょう。

・下りの休憩は筋肉への思いやり
太ももや膝が悲鳴を上げる前に休みましょう
大きな段差の前では立ち止まり、どっこいしょの掛け声を。

・どうしてもの時は
背中とお尻から転びましょう。ザックがクッションになります。

さあ、下り。ケガをするよりドロドロになろう。

2016年7月 7日 (木)

晴れの日のレンゲ沼

201607022

裏磐梯でお弁当を広げるならここ
スマートフォンは電源OFFで。

2016年7月 6日 (水)

雨が羨ましい

1

米国本土のお客様に言われたことがある
「日本の雨をシャワーのように浴びに来ました」
植物も喜ぶ梅雨を受け入れよう。

2016年7月 5日 (火)

ぼくらのエイドステーション

201607032

ゲレンデ逆走マラソンの給水所メニュー
・磐梯のおいしい水 ・岩塩 ・ブドウ糖 ・ポテチ ・お漬物

スタッフの掛け声は「漬物いかがですか~」

エイドステーションではない。すでに「茶屋」である。



2016年7月 4日 (月)

ロマンチックな場所

201607041

こういうきれいな所でプロポーズとかすんのかな?
なるほどね、とわたしは男子に共感した。

「そんなの男子だけですよ。嬉しいこと言われるなら
どこでもいいじゃないですか」

2016年7月 3日 (日)

雲の中へ消えゆく200人

201607031

300kmの彼方から駆けつけて
参加費を払い
どしゃ降りの雨の中を……

県知事に代わり御礼申し上げます。
ゲレンデ逆走マラソン箕輪レース
こりずに、次回もお待ちしております。

2016年7月 2日 (土)

アマゴイルリトンボ

201607021

青藍色の上品なデザイン
福島・長野・新潟・山形・青森の5県だけに生息
宝石のような瞳である。

2016年7月 1日 (金)

2016年グランデコパノラマゴンドラ運行日

Photo

デコ平トレッキングおよび西大巓登山者のみなさんへ
次の日程は運休日ですのでご注意下さい。
7月5日~7月8日
7月12日~7月15日

http://www.grandeco.com/green_season/information.html

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »