« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

凍らぬ湖 猪苗代湖

201611301

広く深い猪苗代湖、湖底には夏でも4℃の重く冷たい水があります。
その他に、湖底の岩盤から相当量の湧水が出ているはずです。
水面下では対流によってこれらの水が常に動いています。
湖全体が冷えないと湖面は凍りません。
かき混ぜてるのは足長手長かもしれませんね。

2016年11月29日 (火)

道は東京に続く

201611291

いつもどこかで祭りの東京
人は最期に野山を求める
古里はどこか

2016年11月28日 (月)

大吉中吉小吉

201611263

出番を待つ除雪車たち
中小のロータリー車は歩道の幅に合わせて除雪する
通学する子どもたちの味方だ。

2016年11月27日 (日)

お話しはよく聴こう

1

写真はイメージです

ある日のこと
お遊戯会の練習
とっても元気な声だった。
「ぼくたち、わたしたちは
ぜったいにケッコンをしません」
おや?よく聞けばケンカだった。

2016年11月26日 (土)

燃え上がるMountain

201611261

素敵な土曜日をあなたに

2016年11月25日 (金)

雪見列車

201611251

車窓のながめは飯豊連峰だ
まもなくスノープラウ(排雪板)の出番が来る。

2016年11月24日 (木)

G線上のアリャ

201611241

横罫線が見える方へ
それは、気のせいです
今日は早めにお休みくださいませ。

2016年11月23日 (水)

夕暮れの駅

201611231

乗客出口 それは旅人の入り口である

2016年11月22日 (火)

変わらぬ朝

5002276

こどもらは今日も元気に登校し

2016年11月21日 (月)

山の楽しみ方様々

201611211

どんな山でも大変だ
滑るし転ぶは当たり前
ガイドマップにはあるはずだけど

移ヶ岳山頂から常磐鎌倉岳と太平洋方面を望む
あの山から見えたのがここか!
先程まで、西には磐梯山も見えていた
失敗しながらスロー登山を続けよう。

2016年11月20日 (日)

道の駅はできたけど

1

ウェブサイトはたぶんこちら 道の駅猪苗代
終わっているなどとは言わない
まだ始まっていないのだろう。

2016年11月19日 (土)

心で見る磐梯山

201611191

福島県観光を担う精鋭たち
ただし、雨男がいるという (T_T)
おかげさまで、打って付けの研修だった
危機管理自主訓練ありがとうございました。

2016年11月18日 (金)

モーニングライン

201611181

氷点下の朝
Morning line がやって来る
今日一日を大切に
楽しいウィークエンドのために。

2016年11月17日 (木)

初冬の中瀬沼

2016111611

美しく厳しい裏磐梯の冬がはじまる

2016年11月16日 (水)

学校までは2km以上

201611161

子どもたちは歩くことによって脳の発達が進む
大人たちは歩かないことによって老いが進む

2016年11月15日 (火)

中山から塔のへつりを眺める

201611151

岩盤が長い年月で奇岩となった河食地形。この中山も火山であった。

2016年11月14日 (月)

古寺の朝

201611133

さまざまな命が一つになる
 宗教に関わらず手を合わせたい。


2016年11月13日 (日)

感謝登山は川桁山へ

201611132

山深し ブナの葉の海 川桁に われ喜びて 駆け下り泳ぎ

2016年11月12日 (土)

コンクリートの足

201611121

第二次大戦中、政府からの金属回収命令から免れることができたファン・ドール ン像。再建の折、足もとがコンクリートで作られた。
命がけで埋め、戻したのが安積疏水の責任者、渡辺信任(のぶと)氏である。

2016年11月11日 (金)

秋冬 保温とレイヤード

201611072

・頭と耳 キャップは寒いのでニット帽を
・眼 吹雪よけと防寒になるゴーグルはザックに
・首 ネックウォーマー・マフラー・タオルを巻く
・手袋 グローブもレイヤード防水ゴム手袋を含め
     予備は最低3種以上持参しよう
・下着 汗をかいて、冷える前提で速乾性の物を
     背中が冷たきゃタオルを挟もう
・ウェア ファスナー付き襟のある物で調整
・上着 軽いダウンジャケットは必須アイテム
・レインウェア  ダウンの上に羽織ろう
・靴下 速乾性で厚めの良品を選ぼう
     冬は結露で冷たくなるから
・携帯カイロ お腹ならすぐ剥がせる
・ヘッドランプ 暗いとヒトは寒くなる

めんどくさがり屋さんは命に関わる

2016年11月10日 (木)

胎内くぐりとは

201611101

罪を捨て、心と身体を浄め、生まれ変わる行い
そう、わたしは何度も何度も通らねばならぬ。

2016年11月 9日 (水)

クマからの挑戦

二ヶ月でこうなる
201609022
2016年9月2日

201611032
2016年11月3日

噛み砕かれた案内板パズルを拾い集める登山者
渋谷登山口で遭難者が出ないことを願う。

2016年11月 8日 (火)

福島県 27日東京で移住定住相談会開催

【山と溪谷社からのお知らせ】
高橋庄太郎さんの講演も。福島県で暮らしませんか?
11月27日、東京で移住定住相談会開催

山の麓で暮らし、好きな時に山登りを楽しみたい」。そんな理由から都会を離れ、地方に移住する人が増えています。  福島県は、磐梯山、安達太良山、飯豊山など、6つの百名山に囲まれた山岳県。夏は登山、冬はスキーを楽しめるアウトドアフィールドが数多くあります。  その福島県では、首都圏在住の登山好き、自然好きの方々に「福島県で叶える自然に近い豊かな暮らし」を提案する移住定住説明会を、来る11月27日(日)、東京・有楽町の交通会館グリーンルームにて開催します(企画・運営:山と溪谷社)。  説明会では、当サイトでも人気連載を持つ山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに「福島県の山の魅力」を語ってもらうほか、福島県の山に魅せられた移住者による「リアル福島暮らし」のトークセミナー、北塩原村や南会津町などのスタッフによる「移住定住個別相談」コーナーなどを予定しています。  具体的な移住計画を考えている方だけでなく、漠然と「そういう暮らしもいいかも」と思っている方まで、幅広く参加できる内容になっています。  参加は無料ですが、会場の都合で事前申込が必要。参加希望の方は、「ヤマケイオンライン」に設置のフォームからお申し込みください。

わたしも第2部 トークセミナーでお話します。(13:50~14:20) お待ちしております

2016年11月 7日 (月)

磐梯山わかりますか

201611071

『できるかな』はご存知ですか?
「ノッポさん」 と「ゴン太くん」が出てきますが、この山の名が ゴン太くん山
(権太倉山)なのです。嬉しかっただけ なのでご勘弁下さい。

2016年11月 6日 (日)

マムシグサの紅葉

201611022

凛として林の中に立っていた。

2016年11月 5日 (土)

レンゲ沼探勝路

201610182
紅葉の様子(10月中旬)

一周700m、15分ほどでレンゲ沼を歩くことができる。
皇太子殿下と雅子様もお気に入りで何度か散策されたコースだ。
平成11年日本ではじめてのバリアフリー遊歩道として認定された。

2016年11月 4日 (金)

微笑みの白

500img_7501

想い人 傍に舞い降り 浮かれしも 襟を正して 気をつけをする

2016年11月 3日 (木)

いつの写真でしょうか

201611031

本日の磐梯山です。

なぜ山に登るのか?
そこに学びがあるから

2016年11月 2日 (水)

常葉鎌倉岳から安達太良連峰を望む

201611021

鎌倉岳は田村市の常葉鎌倉岳と古殿町の竹貫鎌倉岳がある。
移ヶ岳のかげに磐梯山と川桁山があるはずだ。

国道288号線が快適になり郡山からも早い。

2016年11月 1日 (火)

磐梯山渋谷登山口 

201611012

秋以降、イノシシの掘り起こしが目立つ。
なぜ掘るのかは、まだわかっていないそうだ。

201611011

これは髪の毛……
ではなく、ツキノワグマの毛が残されていた。

スキー場(ファミリースノーパーク ばんだい×2)ではクマもイノシシも目撃されている。
見通しの良いゲレンデ最上部から登山道に入ることをおすすめします。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »