« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

ウサギの食痕

2017031

ウサギの歯は鋭く噛む力が強い
カッターナイフで切ったような切り口になる
磐梯ではクロモジの木も好む。

2017年3月30日 (木)

もみの樹 リラクゼーションスペース 猪苗代

肩こり、頭痛、むくみ、ストレス…… あなたの身体をやさしくトリートメント
お子様連れでも安心です 全身矯正コースが好評!新しいあなたに変身。

17842286_132121153992649_1011284333
      リラクゼーションスペースもみの樹
       完全予約制 TEL 080 1844 2328
          LINE ID mominoki1103

〒969-3122 猪苗代町字新町4932
駐車場は当店斜め向かい町の無料駐車場をご利用下さい。
完全予約制
10:00~15:00(14:00最終受付)
19:00~22:00(21:00最終受付)
不定休
   ~ トリートメントメニュー ~
・ボディー(指圧)40分 ¥2,000円
・ボディー(指圧)60分 ¥3,000円
・リフレクソロジー(ひざ下足裏・ヘッド)フットバス付き
              40分 ¥3,000円
・全身矯正(骨盤・肩・首・頭・顔)
              80分 ¥5,000円
17795904_247520569052702_50885286_2   17634463_247520552386037_3744939320   

かもしかの森の感動

201703301

撮影しているのはキツツキが開けた穴。
「こんな低いところにねえ」

わたしたちが2m以上の雪の上にいること、
サルノコシカケもキツツキの穴も朽ち木に
できることをお話しした。


2017年3月29日 (水)

少しずつ

1_2

本当に毎日少しずつ雪が降る
猪苗代には近年無いことである。

2017年3月28日 (火)

雪崩の巣

I201702285

上方の雪庇がくずれ雪崩となる。
雪面の凸凹は雪崩の残骸(デブリ)

このような地形と木立では大きな雪崩にはならない。
30°から50°の斜度で距離、幅があるオープンバーンが危険なのだ。

2017年3月27日 (月)

春は来る

I201702284

雪解けが進むのは気温よりも雨降りだ
27日猪苗代の積雪深は35cm
写真は川桁山の霧氷

2017年3月26日 (日)

春待つハウス

2017032423

27日夜はまた、雪予報。

2017年3月25日 (土)

出番を待つ高校生

201703242

目で追う先には母の滑り
「お母様お見事です」
斜度27度バジルコース下部にて
ぜひまたグランデコスノーアカデミーへ。

2017年3月24日 (金)

空は青いけれど

201703232

このところ 毎日ふぶく 猪苗代

2017年3月23日 (木)

海原のごとく

201703231

息もつけぬほどの風に向かい

2017年3月22日 (水)

さいごの1本

201703202

春休みのレッスン3日目。リフトを怖がる
コウキくんをわたしは左腕で抱えていた。
彼がポツリと「もうすぐお別れだね」と言う。
わたしは、腕に力を入れギュッとした。
家では、紺色のランドセルが彼を待っている。

2017年3月21日 (火)

標高200メートルの違い

201703211

小野川湖の天気は雨
グランデコは雪
春まだ遠し。

2017年3月20日 (月)

男の子の育て方

201703201

何があっても君を守る
だから、スキーもチャレンジだ。

驚くほど上手くなる。


2017年3月19日 (日)

今日は3mの雪の上

201703191

春休み、ここは冬だとあやまった。
もう、おDECOさんったら(^^)

2017年3月18日 (土)

知られたくない事

20170318

完璧に近い兄はリフトでストックを落とした。
兄を時々超えた!と思う弟は、漏れそうでレスキューされた。
2人とも忘れるな(笑) 忘れて良い。

2017年3月17日 (金)

明るい話題

500

周辺スキー場は4月2日(日)まで営業延長だという
この数年来無かったことだ。

2月の中の降雪中でも雪づくりをしてきたからだと思う
地道な努力は報われる。

2017年3月16日 (木)

生き抜く力

I2017022813

カモシカは雪庇の上など歩かない
野生動物から学ぶことは多い。

2017年3月15日 (水)

観音寺川の春雪並木

201703151

来月下旬には大勢の人で賑わう。

2017年3月14日 (火)

ミネロ4線のLOVE

201703141

前のリフトに乗っていたボーダーのカップルは、
リフトから上手に降りられなかった。

手助けした後でわたしは言った。
「林の脇を下までゆっくり歩いて下さい」
しばらくすると声がした「この景色チョーヤバイね」
手を繋いで転げ落ちる様子が見えた
34°の斜面で愛が育まれる。


2017年3月13日 (月)

きれいにバキバキ

1

クマのレストラン「ブナの木」にて
見事な枝の折り方である
力強く整理整頓している。

近くで冬眠しているはずだ
20m先には「ナラの木」もある。
まだ、おやすみなさい~

2017年3月12日 (日)

森から見る磐梯

201703121

春近しとはいえ日陰は寒い
カモシカの足跡を辿り
重い雪を踏みしめ森の奥へ。

2017年3月11日 (土)

焦点を合わせる

201703111

未来を見続けよう。

2017年3月10日 (金)

北国の焦り

201703091

防雪柵
 はずすと必ず
   雪が降る (T_T)

2017年3月 9日 (木)

冬山の誤解

I201702281

まず、夏山登山の3倍の体力がいる
装備を使いこなすには相当な訓練が必要だ
下り、雪崩、滑落は本当に危ない。

雪国育ちやアルペンスキーヤーは冬山に登らない
辛く危険で苦しい割に楽しいことが少ないからだ
山岳事故が起きないことを願う。

2017年3月 8日 (水)

桧原湖の氷

2017030512

厚さはどの位だろう?
ストックで計測したら120cm。

最大水深は31m
ウェハース氷の上にいる(・_・;)

2017年3月 7日 (火)

スキーとバドミントン

201703071

ストロークの速さとスキーの速さの共通点
速度に比例して前傾が必要ですね。

20年ぶりのスキーでも脚が揃うようになってきました
週2日のバドミントン練習もぜひお続け下さい。

2017年3月 6日 (月)

中田浜の静寂

201703061

人気のない心和むスポット
さざ波の音に聞き入る贅沢

2017年3月 5日 (日)

男女6人冬物語

201703051

汗と涙(笑)のスノーシューツアー
桧原湖縦断10km行脚

「ズームはしないでね」
「シェイプアップよ明日から」
次回お会いするのが楽しみです。

2017年3月 4日 (土)

猪苗代湖の奥に那須連峰

201703041

近くて遠き那須の山々
茶臼岳から流石山、三倉山まで見える。
あちらも雪が深そうだ。

2017年3月 3日 (金)

滑落10メートルの反省

Img_0041_2

スノーシューでの下山時にクラストを滑り落ちた。
ツリーホールに気づかずストックが突き刺さり
バランスを崩したのがきっかけだ。

スローモーション動画のように停止した場所は
東側崖の雪庇の上だったがセーフ。
出発前に八幡神社でお参りしていて良かった。

◆事故は下りで起きる。
◆スノーシューは登山向きの物を。
◆ストックバスケットは大きめが良い。

2017年3月 2日 (木)

アブナイ 逃げろー

201703021

「先生、ちゃんと撮りいや……」
「おまえら、敬語使わんかあ」と言われてた
午後のレッスン前の準備運動らしい。

2017年3月 1日 (水)

鬼沼の春

201702272_2

猪苗代湖の景勝地
冬鳥も旅立ちの準備だ。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »