« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日 (金)

朝日連峰

201706291

小朝日岳(1,648m)から西側の峰々を望む
360度の大パノラマを楽しめる。

磐梯朝日国立公園は、出羽三山・ここ朝日地域、飯豊地域、磐梯吾妻・猪苗代地域からなる日本で2番めに広い国立公園だ。

2017年6月29日 (木)

雄国沼 コケイラン

201706282

花により、人の興味はまちまちだ
わたしはこの花が好きである
不思議な花だと思う。

2017年6月28日 (水)

湿原木道の関所

201706281

どっから来ただよ?
猪苗代です。近いです。
近いな、山好きなんだな。
ええまあ……

きっと、通る人みんなに声をかけているのだろう。
サングラスが少し怖かった。

2017年6月27日 (火)

明日への期待

5001

青空が見たい。

2017年6月26日 (月)

いきなり登山は身体を壊す

502img_1829

山に登れば健やかになれる……
お気持ちはわかるが、急に登れば関節や筋肉を痛めてしまう。

せめて、坂道利用のウォーキングや荷物を背負った階段登り
などのトレーニングをした方が良い。

つらいのは誰しも嫌だ。だが、登山中と登山後に嫌な思いをし
て欲しくはない。楽しむためにトレーニングを。

2017年6月25日 (日)

七色のシンフォニー

1

残雪と低温の影響でニッコウキスゲはこれからだ
「でも、こんなにいろんなお花を静かに見られるなんて」
ガイドは、こうしてお客様に救われる。

2017年6月24日 (土)

雄国沼周辺の携帯電話通話エリア

Seseragimap_2

電波状況が良くない山岳地帯
変わることがあるので要注意だ。

2017年6月23日 (金)

SUZUKI バーディー(Birdie)

501img_1829

昭和61年のマシン。FB80型で車台番号はBC41A
この格好で走るのでライダー達が挨拶をしてくれる。

わが家に来てから20年だが、まだまだ元気だ。
ヒトの身体同様メンテナンスをしてやろう。

2017年6月22日 (木)

いろは沼

501img_1848

西吾妻梵天岩近くにある池糖群
さながら高地の棚田のよう

2017年6月21日 (水)

風雨体験の意味

500img_1887

朝6時の電話で雨天決行を承諾
「磐梯山の空気に触れさせたいんです」

中ノ湯までの磐梯登山
バスの中や建物のありがたさがわかる。



2017年6月20日 (火)

3日間のチーム

500img_1876

登るだけの山にはいらないが、
楽しむなら、マネージャーやトレーナーが必要だ。

3日で、のべ6万歩山を歩いた
チームメイトは夕方の便で名古屋に発つ。
ありがとうございました。

2017年6月19日 (月)

ああ~ここは冬山西吾妻

500img_1848

「生還できて良かったわ」
25度の雪渓下りは思い出に残る。

ガイドのわたしが一番安堵
明日は3日目の安達太良山

2017年6月18日 (日)

雲海ライン

500img_1829

左、猪苗代湖。右、会津若松市
雲海ラインの向こうは栃木県だ。

2017年6月17日 (土)

21人からの色紙

500img_1823

ポストに入りきれないほどの封筒
2日間ともにした生徒たちからのものだった。

みね子、三男、時子もいる
うれしさのあまりランニングに出かけた。

2017年6月16日 (金)

大峠の石仏

201706152

登山者の心遣いだろうか、毛糸帽をかぶっていた。
ここの標高は1,460m。赤埴山や川桁山の山頂にあたる

古の人々が手を合わせた街道で思う
わたしたちは楽をしすぎていないだろうか。

2017年6月15日 (木)

三本槍岳の帰り道

201706151

登りで立ち寄った鏡ヶ沼を望む
尾根までのヤブとロープは、すごかった。

2017年6月14日 (水)

6月のスケジュール

Photo

お客様各位
 よろしくお願いいたします。

2017年 雄国沼のニッコウキスゲ開花予想

参考 2016年6月22日の様子 およそ4割
201606221

【2017年予想】
6月18日頃から3割開花
6月25日頃から4割開花

まだ気温が低い状態です。7月上旬まで花は楽しめます。
標高1,100mの雄国沼植物群落は気温10℃以下になります
防寒雨具などは必ずお持ち下さい。

★MEMO★
ニッコウキスゲ(正式名はゼンテイカ)
花言葉 心やすらぐ人
その日だけの一日花

2017年6月13日 (火)

雲ができる条件

201706093

◆湿度100%の水蒸気
◆空気中のチリ(くっつかないと雲にならない)
◆上昇気流(気温は100m毎に0.65℃下がる)

雲になる=水になることです
中2生の理科で学びましたね(^^)

2017年6月12日 (月)

無事でよかった

500img_1770

12日午前10:40頃14歳女子登山道から滑落
場所は磐梯山八方台登山口標高1,500m付近(通称鎖場)
落ち着かせ、一歩ずつ登攀。幸いケガもなかった。

現場は滑りやすく狭い上に斜度は50度以上ある。
重量がある大人の登山者だったら……
注意喚起をしても事故は起きる。
自分が近くにいて良かった。



2017年6月11日 (日)

日本の山岳美

201706092

この眺めを見るため 飯豊連峰に挑む。

2017年6月10日 (土)

5時55分の決断

500img_1760

爽やかな青空だが登山は中止
生徒たちは会津若松市内観光へ出かける。

昼頃から降雨、体感温度は10℃以下になるはずだ
行けるところまでというのは帰りは凍えるということ。

山も見た目で判断してはならない
経験と勘そして10種ほどのサイトを使う。


2017年6月 9日 (金)

下降の敵は

201706091_2

実は、ムシムシである
目、耳、口、鼻に入る。

わたしは命がけだが
虫たちも命がけだ。

2017年6月 8日 (木)

君たちはオグニンを見たか

500img_1697

雄国沼に現れる新キャラだという
言われてみれば後ろに写っているか?

昨夜はナイトハイクで「キャー」と悲鳴
男子諸君よ!強くなろう(泣)

2017年6月 7日 (水)

るり沼展望台

500img_1692

待望の展望デッキが出来上がり見晴らしがきくようになった。

2017年6月 6日 (火)

これが天鏡湖だ

500img_1688

これ以上の天候はない
何も起きないガイドもない
全員登頂
今日に感謝を

2017年6月 5日 (月)

わかりにくいこと

500img_1685

さり気なく雪渓で遊び、手には雪を持っている。
聞いてくることは「お弁当はどこでしょうか?」

2017年6月 4日 (日)

中瀬沼の思い出

20170604

感動したのは
寒さの中で食べたチョコレートのお味
さあ、この後は会津山塩ラーメンだ。

2017年6月 3日 (土)

130年の変化

201705294

自然の力により土砂は崩れ樹木が伸びた
クマが移動しやすくなり隠れる場所が増えた
グルルルーと威嚇されたことがある。

2017年6月 2日 (金)

おにぎり3個入り

500img_1665

高2男子は女子の分まで食べてくれる。
先生から聞いた。8個食べた生徒がいるらしい。

本人に尋ねた。すると、たいしたことはないという。
「あの、赤い帽子のつばさ君は14個です」
その赤い帽子は五色沼を駆け回っていた。

2017年6月 1日 (木)

磐梯山から見える鳥海山

201705293

桧原湖北側に月山が見え、その左奥が鳥海山
深い雪に覆われているのがわかる。
直線距離で165km 2017年5月29日撮影

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »