« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月30日 (金)

山中の紫

041_20230630150401
緑の中で目立つツルニチニチソウ

2023年6月29日 (木)

雨時々山之神

026_20230629184501
緑の装いに安堵する

2023年6月28日 (水)

食材調達の司令

014_20230628173201
着信あり
わが家には青物野菜が少ないという
ミズナを採って葉っぱは落とした

2023年6月27日 (火)

歩いて行く岩魚

022_20230627071301
大きな胸ビレで体をささえ水量の多い方へ向かう
15秒足らずで泳ぎだす生命力は尊い

2023年6月26日 (月)

アジサイの季節

029_20230626073101
装飾花のグラデーションが魅力的だ

2023年6月25日 (日)

日長(ひなが)

003_20230625050601
猪苗代町
日出 04:19:29 AM
日没 07:04:48 PM
日長 14h 45m 19s
一年でも特になが~い1日です

2023年6月24日 (土)

梅雨の最中

027_20230624102701
寒いくらいの渓流です
現場事務所は昨朝ストーブをつけたほどです

2023年6月23日 (金)

クマは小川や側溝を移動する

002_20230623062501
隠れているのにヒトは近づく
通過した途端に背後から襲う
本能なので仕方あるまい
今年も会った
クマはデカくて早いものだ

2023年6月22日 (木)

知られざる施設

014_20230622183601
秋元発電所の取水口が見える
ここから160mの落差でタービンをまわす

2023年6月21日 (水)

波瀾万丈

017_20230621065801
猪苗代湖がお怒りである
穏やかであって欲しい

2023年6月20日 (火)

興味なし

036_20230620182601
こんな感じでわたしも生きたい
猪苗代町営牧場にて

2023年6月19日 (月)

It's so windy.

010_20230619070901
福島県で一番風が強いのが安達太良連峰のこの辺り
裏磐梯からの西風が細くしぼられるためだ

2023年6月18日 (日)

ザレ場の下り

003_20230618063301
小石や砂で停まりにくいような場所はケガが多い
通過後、消防防災ヘリコプターで救助される事案が発生
重症に至らなかったとニュースで知る

2023年6月17日 (土)

裏磐梯物産館のニッコウキスゲ

017_20230617063901
窓越しに柳沼も見える
お弁当持ち込みもできるのが嬉しい

2023年6月16日 (金)

磐梯町内から磐梯山へ

20230616-064717
さすが磐梯町の企画です
JR磐梯町駅東口から八方台まで1,000円はリーズナブルですね。

2023年6月15日 (木)

濁(にご)らぬ流れ

009_20230615070701
大雨の後でも透明な沢水である
石英が見つかるような花崗岩の山なのだ

2023年6月14日 (水)

ヤグルマソウヒーリング

013_20230614191601
なぜなのか
わたしの心はホッとする

2023年6月13日 (火)

暗闇の白花

002_20230613192501
高さ2mを超えるハナウドは上方から撮影ができない

2023年6月12日 (月)

ベランダで運動会

014_20230612073001
歌って踊り、そして走る
たぶん白組なのだろう

2023年6月11日 (日)

梅雨入り

003_20230611145101
わたしたちの身体も重く感じられる
カビにご注意を

2023年6月10日 (土)

清涼感

013_20230610104001
この涼しさを都会のみなさんに届けたい

2023年6月 9日 (金)

雨の金曜日

002_20230609074501
天からの恵みです
大地から歓喜の声が聞こえます

2023年6月 8日 (木)

渓谷のコケイラン

024_20230608074501
山地の湿地にひっそりと咲く

2023年6月 7日 (水)

実用的な山菜ミズ

004_20230607080201
正式名はウワバミソウ
夏すぎても食べられるので重宝がられる

2023年6月 6日 (火)

日没

001_20230606073801
5日18:41 

2023年6月 5日 (月)

その場で捌(さば)く

015_20230605083101
取り出した内蔵は岸辺に置く
動物たちの餌になるからだ
源流岩魚は結婚記念日の夕食にいただく

2023年6月 3日 (土)

優雅だと思う

009_20230603090701
アサギマダラ
1,000㎞以上も旅をして来る

2023年6月 2日 (金)

美しい黄金色なのです

003_20230602071401
腹部は鮮やかな黄色
ニッコウイワナの亜種
猪苗代・秋元非出資漁業協同組合員 大竹 力

2023年6月 1日 (木)

爽やかな日に感謝

004_20230601060801
素敵な1日でした
みなさん、ありがとうございます

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »