« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月31日 (月)

雨が恋しい

004_20230731072001
畑にも潤いが必要だ
幸いにもわが町の飲み水が枯れることはない

2023年7月30日 (日)

なぜ夜が寝苦しいの?

067
理由、17時以降は湿度が90%以上に上昇するためです
夕方は冷房よりもまず除湿
写真は冷たすぎる沢水

2023年7月29日 (土)

地球は鉄の塊だい

008_20230729170601
櫛ヶ峰も同様錆色(さびいろ)のように見える
地球の3分の1が鉄だというから不思議だない!

2023年7月28日 (金)

千手岩菲

047_20230728072901
センジュガンピ
言われてみれば花弁の形が千手観音の手に似ている

2023年7月27日 (木)

ごちそうなる景観

009_20230727100601
磐梯山の火口壁は迫力満点である
生徒たちを連れて行きたい

2023年7月26日 (水)

4年生のカレイドスコープ作り

005_20230726135501
これ以上の会場はない
ボートで行く 松原キャンプ場
みんな楽しい夏休みでありますように

2023年7月25日 (火)

あらわる あらわる

015_20230725175901
磐梯山黄金清水付近にニホンカモシカ
近くで撮影できたが
病(やまい)の末期の可能性がある

2023年7月24日 (月)

画像ではわかりにくいですが……

014_20230724180801
磐梯山頂にはたくさんのトンボがいます
小1男児は数えました
100万匹は飛んでいるそうです

2023年7月23日 (日)

今日と明後日

008_20230723062101
この磐梯山に登ります
5年生にはクイズやなぞなぞを出しますよ

2023年7月22日 (土)

沢筋のクガイソウ

051_20230722204601
渓流に咲く花はみずみずしい

2023年7月21日 (金)

ハイボールクリア

029_20230721174701
人生はともかく
お酒は甘くなくても大丈夫です

2023年7月20日 (木)

水のカーテン

081_20230720201101
木漏れ日模様が涼しさを彩る

2023年7月19日 (水)

タマガワホトトギス

042_20230719073501
近代植物分類学の権威、牧野富太郎氏命名
渓流沿いにひっそりと咲く

2023年7月18日 (火)

ジンクリアな流れ

106
透き通った酒のジンのような水のことだという
それにしても冷たいぜ、ジンクリア

2023年7月17日 (月)

息災延命を願う

002_20230717074201
爽やかな日でありますように
わが家の温度、夜は寒くて窓を開けては寝られない
緑と標高は快適さに関係する

2023年7月16日 (日)

道端のクルマユリ

008_20230716161401
茎が折れていた
持ち帰り妻に献上した
わが家の一員となる

2023年7月15日 (土)

つま先の痛み

Photo_2_2
足が痛いのは辛い
足首の違和感や痛み
それは疲労による横アーチの崩れが原因かもしれません

横アーチのテーピングは即効性があります
指の付け根に横に貼るだけ
わたしも今やっています。

2023年7月14日 (金)

花の金曜日

014_20230714142101
山野草を愛でる金曜日でありたい

2023年7月13日 (木)

藪漕ぎ(やぶこぎ)

038_20230713085701
ダニ、マムシ、ハチの巣、トゲや毒のある植物もある
抜けた後は互いの衣類を確認した方が良い
そして、方角もわからなくなるのでトランシーバーは必携だ

2023年7月12日 (水)

昨日の反省

014_20230712073901
水だけの摂取はよろしくない
筋肉のためには電解質(スポーツドリンク)をとろう
年齢とともに身体は正直になる

2023年7月11日 (火)

一時間降水量

011_20230711071601
猪苗代町でも10日20:00に17mmを観測
最大1時間降水量、日本記録は153mm
想像を絶する

2023年7月10日 (月)

ホッとする出会い

001_20230710073401
初夏に見かける
ヤマホタルブクロ

2023年7月 9日 (日)

シジミチョウ

048_20230709080101
「ミドリシジミ」と名がつくものだけで13種もあるらしい
翅(はね)の形が蜆(しじみ)貝に似ているからシジミチョウの名がある

2023年7月 8日 (土)

身近な爬虫類(はちゅうるい)

104
このニホンカナヘビ、東京都では絶滅危惧1類に引き上げられている
田んぼもそうだけれど、昆虫がいない社会はすでに自然ではない

2023年7月 7日 (金)

水沫(すいまつ)

135
ゴム長を通して身体がヒエヒエになります

2023年7月 6日 (木)

磐梯吾妻レークラインから

013_20230706173201
現在まだ中津川から折り返しですが……
ご期待ください

2023年7月 5日 (水)

岩魚の眼力

025_20230705073501
ヒトの声や音には反応しない
この大きな眼で水中から人気を感じ岩陰に隠れる

2023年7月 4日 (火)

夜明け前

010_20230704074401
午前4時、西大巓と西吾妻山を望む

2023年7月 3日 (月)

町場のクマは夜動く

014_20230703072801
この時季ヤマグワの熟した果実を子グマが夢中で食べる
子離れ親離れの季節も初夏だという
里山で1m前後のクマが目撃されるのは自然なことなのだ

2023年7月 2日 (日)

人生は二度とない

002_20230702073701
日の出後の二度寝は幸せになれる 午前4:23

2023年7月 1日 (土)

猪苗代町の中心市街地

013_20230701085901
かつては磐梯山の裾野に広がる城下町だった
写真右には猪苗代高校
この学校の地域探究活動が素晴らしい

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »