« 標識白鳥 | トップページ | 猪苗代湖の白鳥飛来数 平成17年3月22日(火) »

河川関連市民団体交流

050309-3  河川関連市民団体 経験交流会

-交流を生かした活動をどう生み出すか-

19日「ビックパレット福島」で催され、鈴木 浩福島大学教授のコーディネートによりパネルディスカッションが行なわれた。

パネリスト
       大越 則恵(みなもん自然環境塾)
       相良 正雄(逢瀬川ふれあい通り実行委員会)
       高橋 利雄(NPO法人 会津阿賀川流域ネットワーク)
       高橋 宗彦(夏井川上流域連絡協議会)

第二部の活動報告で猪苗代湖の自然を守る会は、活動のなかでの楽しみのひとつに白鳥観察があること。関係各位との交流を深めるためにブログの活用を望むこと等を発言した。

« 標識白鳥 | トップページ | 猪苗代湖の白鳥飛来数 平成17年3月22日(火) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河川関連市民団体交流:

« 標識白鳥 | トップページ | 猪苗代湖の白鳥飛来数 平成17年3月22日(火) »